オニのぼうやがっこうへいく

  • 平凡社
3.88
  • (6)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
感想 : 9
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582832365

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • オニのぼうやの毎日はとっても退屈。ある日、一冊の本を拾ったぼうやは、親の反対を押し切り学校で字を習うことに……。やがてパパとママも本に夢中! 本を読む喜びを親子で分かち合える絵本。

  • オニの坊やが学校へ行って、字が読めるようになる話。

  • 本を読めるようになったらお父さんもお母さんも子供を食べなくなった…?

  • 異端児で、親が変わり者でもうまく行く道はあるのだ。

  • 主人公の両親が人食い鬼。っていう設定で、もう、怖がってダメ。

  • 新1年生読みきかせ/季節の本(おに)&2月のおすすめで紹介

  • お友達のいないオニの坊やが本と出会うことによって、自分もそして周りも…というお話。絵が結構リアルで、マイクを思わす感じ。リアルな表現や絵ががあるので、感受性の高い子は本気で恐がるかも。お話自体はとってもやさしく解りやすい。ですが、色々現実味に欠けるところもあって、そうはうまくいかないでしょう?ツッコミ入れたくなります。子供よりも大人が子供、風刺も入ってるのかなーとか。人のフリ見て我がフリ直せとか、そんなことを思う1冊でした。恐がる子供たちの観察も面白かったです。

  • ちょっと最初は生々しい表現もあったけど、ひたむきなオニのぼうやと純粋なパパとママに心が和みました。
    子供に教えられること、沢山ありますよね。

全9件中 1 - 9件を表示

石津ちひろの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×