会社はだれのものか

著者 :
  • 平凡社
3.50
  • (15)
  • (38)
  • (63)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 337
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582832709

作品紹介・あらすじ

おカネよりも人間。個人よりもチーム。会社の未来は、ここにある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 会社は誰のものか?
    この問いはいろいろな人によるいろいろな答えがある。
    かつて日本社会では「資本主義より人本主義」という考え方が主流で、会社は社員のものである、という回答がしっくりきてたとおもう。
    最近では、アメリカ的な会社とは株主のものであるが主流ではなかろうか?

    はたしてそうか?と筆者はとう。
    会社は株主のものである、というグローバルスタンダードに異見をとなえる。

    たとえば個人営業をしてるラーメン屋のオーナーがラーメン屋のどんぶりを勝手に家にもってかえっても罪にはならない。
    なぜならラーメン屋もその什器備品もすべてオーナーのものだから。
    しかしこれがラーメンチェーンの法人ラーメン屋だと勝手に株主が店の備品をもちかえると罪になる。
    会社(=ラーメン屋)は株主のものではないとなる。

    筆者は、法人とは「本来、ヒトではないモノなのに法律上のヒトとしてあつかわれるモノ」という定義をする。

    モノは売買できるし所有もできる
    しかしモノは意思決定できない。
    だから意思決定できる経営者をおく。
    株主=モノとしての法人=>ヒトとしての法人(経営者)=会社資産
    という構造をとく。


    ではなぜモノである法人にヒトの要素をいれたのか?

    資本主義社会は契約によってうごく。
    会社はモノとして法人でもあるが、一方でモノは契約書にサインをできない。
    契約すら不可能。
    だからヒトとしての法人の要素が必要になる。
    それを代弁するのが経営者。

    しかし・・・
    経営者が利益の追求のみをしてしまって自己利益ばかり考えるとまともに会社はうごかない。
    会社がちゃんとうごくには経営者の倫理性が必要だ。

    倫理?資本主義とはまったく相容れない世界観にみえるかもしれない。

    筆者は利益追求とまったく対立する経営者の「倫理」があるととく。
    これが入っていないと、そもそも会社制度がなりたたない。
    自己利益を追求する資本主義には、倫理が本質的にはいりこむととく。

    まだまだ消化不良なところもあるが再読してかみ締めたい本である。

  • 会社 法人 企業
    3つの単語の違いと本当の意味を知れただけで満足。
    前半部分はそういう意味では面白かったが、後半はアメリカの株主主義を批判するようないかにも"原丈人"ぽい文章が目立った。

  • 経済学者が資本主義経済を会社という器を通じて、現実的に振り返ったものが本書。

  • 第1部 会社はだれのものか(ライブドアとフジテレビ
    会社とは何か
    会社の二階建て構造
    コーポレート・ガバナンスとは何か
    会社経営者の義務 ほか)
    第2部(新・日本型経営が見えてきた―小林陽太郎氏との対話
    次世代産業は日本がリードする―原丈人氏との対話
    会社は、驚きに満ちている―糸井重里氏との対話)

  • 八百屋の親父と、デパートのオーナーの違いという身近な例をもとに、「法人企業」の別名である「会社」とは一体なんであるかを問う。

    株式会社が二段構造をしているという話や日本と米国の会社構造の違いなど、実際的な話も面白かったが、それよりも著者である岩井克人という人間に大きな魅力を感じた(経済学に対する態度のようなもの)。これは読んだ人にしか分からないと思う。糸井重里さんとの対談が圧巻。

  •  新しい技術や新しい製品や新しい市場や新しい経営手法とは、未知の技術であり、未知の製品であり、未知の市場であり、未知の手法です。失敗のリスクは、本当に大きい。だが、まさにそれが一度も現実の経済で使われたことがない未知のものだからこそ、うまく市場で成功すれば、大きな利益を手にすることができるのです。(p.68)

     CSRバブルとは、株式や土地のバブルと異なって、バブルが続いていけばいくほどバブルではなくなり、まさにファンダメンタルとなってしまうという逆説をはらんだものなのです。それは、われわれ自然人においても、基本的人権という概念自体、はじめは少数の人間の間に飲み通用するバブルのようなものであったのが、いつの間にか多数の人間に共通のファンダメンタル(基本)となったのと同じです。人間は、歴史の中で、徐々にファンダメンタルズを増して、少しでもまともな社会を実現しようと努めてきたのです。
    「会社はだれのものか」ということの本の問いかけにたいする基本的な答えが、ここにあります。語呂合わせに聞こえてしまうかもしれませんが、会社は社会のものなのです。(p.96)

    糸井「人間を人間らしくしているものは『媒介』という、ある意味では、カンタンなことでしょう。そこだけを学校で勉強するだけでも、その後の人生、ずいぶん違いますよねぇ…」
    岩井「シェイクスピアは言葉の天才、最大の天才の一人でしょうけど、貨幣について専門的に考えたことはなかったのに言葉を操って書いた『ヴェニスの商人』が、まったくの貨幣についての本としても読めてしまう。ですから、偉い人は、言語をやっていても、じつは法律や貨幣のおもしろさがわかる。(pp.150-151)

    岩井「人間に文学があるのは、「言葉ってウソをつけるから」ですよね。現実にないものを、指し示すこともできるから。言葉が、信号のように、ひとつの意味を示すだけのものなら、ほんとうに単純な社会になっているわけでして。ですから、人間の社会をおもしろくしているのはウソもつける「媒介」があることで…。「人間である」ということは、そういう存在であらざるをえないと思うんです」(p.151)

    岩井「おカネとは、世の中のすべてのモノを手に入れる可能性を与えてくれますが、その可能性自体をあたかもモノのように欲してしまうのです。おカネなしには、現代の経済は成り立たないけど、そのおカネが、経済の予測を困難にさせているんです」(p.176)

  • 仕事、会社に対する使命が重要。自分にできるか?

  • ロングセラー『会社はこれからどうなるのか』の待望の続編。もっとも分かりやすい会社論の一つとして好評だった前作のテーマをさらに広げ、「会社」という組織の本質に迫る。

  • 昨今、M&Aが大流行。
    でも、会社って単純な株主主権論だけでいいんでしたっけ?
    と、まあそんなことに対する答え(の一つ)が述べられています。

    会社の目的って結局なんだろう?と考えていくと、短期的な利益だけじゃダメなんですよね。

    日々の仕事に追われがちですが、こういうことを考えてみると、仕事に幅が出るかもしれません。

  • 経済学者の方が書いた「会社論」。文章の書き方が平易で、論理構成が整っているから、素人でもするする読めます(そもそも書いてある内容が多くはないのだけれど)
    様々な問いに対しての答えが明快で、深い考えに基づいているなと感じられるので、読んでいて気持ち良いです。
    後半の対談が非常に面白く、働き方に悩む人や、会社と自分との距離感に悩む人にはすごく良い。
    世の中、金が全てではないよね!

全49件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

岩井 克人(イワイ カツヒト)
国際基督教大学特別招聘教授
1947年生まれ。東京大学経済学部卒業。マサチューセッツ工科大学よりPh.D.取得。エール大学助教授、ペンシルベニア大学客員教授、プリンストン大学客員准教授、東京大学経済学部教授等を経て、現在、国際基督教大学特別招聘教授。主な著書に『不均衡動学の理論』(岩波書店)、『経済学の宇宙』(日本経済新聞出版社)など。

「2019年 『資本主義と倫理 分断社会をこえて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩井克人の作品

会社はだれのものかを本棚に登録しているひと

ツイートする