最後の弟子が語る折口信夫

著者 :
  • 平凡社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582838107

作品紹介・あらすじ

昭和28年の死まで、折口信夫の生活と仕事を傍らで支えた「最後の弟子」が、95歳を前に、遺すべき思い出、精神的なつながりや稀有な体験を、精魂こめて綴った畢生の作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F開架:910.268A/O71o//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1924年、三重県生れ。歌人。日本芸術院会員、文化功労者、國學院大學名誉教授。
國學院大學国文科卒業。昭和22年から28年9月の逝去まで、折口信夫と生活を共にして世話をする。
『折口信夫全集』『折口信夫全集ノート編』の編集に参加。
折口信夫論として『折口信夫の晩年』『折口信夫の記』『折口信夫伝』がある。

「2019年 『精選 折口信夫 第Ⅴ巻 随想ほか・迢空詩編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最後の弟子が語る折口信夫のその他の作品

岡野弘彦の作品

最後の弟子が語る折口信夫を本棚に登録しているひと

ツイートする