ギターは日本の歌をどう変えたか―ギターのポピュラー音楽史 (平凡社新書)

著者 :
  • 平凡社
3.38
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582851441

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半はギターそのものの歴史と変遷。
    これが結構長い。しかし
    後半、古賀政男が出てきたあたりから俄然面白くなる。
    『影を慕いて』がいかに画期的な楽曲だったか等、大変興味深い。

  • [private]一度見送ったモノの『言霊の国』を読んでいる際に「やっぱ買っとけば良かった」と思い、わざわざ中目までチャリを飛ばして購入。[/private]

  • 徳川夢声の小説と漫談これ一冊で かなりシュールで、且つ笑えて、素晴らしいです!読みやすさもうれしい。シュールさは昭和初期という時代の流行もあったのかな?思っていた以上にハマりました。戦前好きにはたまらないと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

北中正和の作品

ツイートする