虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか (平凡社新書)

著者 :
  • 平凡社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582859119

作品紹介・あらすじ

罪を犯した少年たちは、いかにして心が壊れたのか。矯正教育ではどんな取り組みが行われているか。虐待を受けた少年たちの病理と矯正教育の最前線を追った著者渾身のルポ。

著者プロフィール

1977年、東京生まれ。著書に、アジア諸国の障害者や物乞いを追った『物乞う仏陀』、イスラームの性や売春を描いた『神の棄てた裸体』、世界の貧困層を豊富な写真と図で解説した『絶対貧困』、スラムや路上生活者のむきだしの姿を描いた写真エッセイ集『地を這う祈り』、釜石市の遺体安置所における極限状態に迫ったルポ『遺体』、被災地で刻み込まれた忘れられない光景を綴った『津波の墓標』など多数。

「2018年 『絶望の底で夢を見る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか (平凡社新書)のその他の作品

石井光太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
瀬尾まいこ
平野 啓一郎
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする