別冊太陽 泉鏡花 美と幻影の魔術師 (別冊太陽 日本のこころ 167)

制作 : 別冊太陽編集部 
  • 平凡社 (2010年2月23日発売)
4.27
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582921670

別冊太陽 泉鏡花 美と幻影の魔術師 (別冊太陽 日本のこころ 167)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すごく昔に古本屋でゲット。鏡花好きにはたまらん内容ばかり。裏表紙の遺稿のことばが、文字を崇高なものとして愛した鏡花の姿勢を体感できて美しい。

  • 文豪や画家にハマると別冊太陽のムックを探すようにしている。今回は最近マイブームの泉鏡花。このシリーズならではの図版の多い見やすい構成で、文豪・泉鏡花の足跡を辿ることができた。鏡花の作品は独特のルビと文体に面食らいつつ同じページを行きつ戻りつしながら徐々に外連味たっぷりの物語世界に浸ってゆけるのが魅力かと思う。孤高の文学者のイメージが強いが、意外と仲間に囲まれて幸せだったのだなあと頰がゆるんだ。巻末の「あらすじで読む鏡花五十選」がありがたい。

  • 泉鏡花について。
    水、母、唄、黄昏、声。
    アジサイの花。

  • NHK テレビのJブンガクの冊子で紹介されていました。
    別冊太陽は写真がよいので楽しく読むことができます。

    作品を読んでもよくわからないところは,この冊子を読んでから読み直すと分かるかもしれません。
    泉鏡花の美学が分かるかもしれません。

  • 大型本なので、写真も大きくてきれい。

  • 政治思想史ゼミ発表の資料として購入

全6件中 1 - 6件を表示

別冊太陽編集部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
ヘミングウェイ
有川 浩
森見 登美彦
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

別冊太陽 泉鏡花 美と幻影の魔術師 (別冊太陽 日本のこころ 167)はこんな本です

ツイートする