為末大 走りの極意

著者 :
  • ベースボールマガジン社
3.64
  • (5)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784583100364

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半は技術論、後半は自伝的な内容。
    技術論の部分では、スプリントに大切な動きから、それぞれのスプリントフェーズについて分かりやすく説明されている。初めての人が読んでも分かりやすい。

  • おそらく,一般的な健康に恵まれた人ならば(今はどうであれ)「走る」という行為は,幼いころからそれなりに親しみのある行為・動作だと思います.
    小中高の体育の授業においても,短距離・長距離を問わず(いやいやながらでも)走った経験は少なくないでしょう.しかし,そのように「走る」とは身近な行為であるにもかかわらず,「走り方」言い換えれば“走り方の技術”を習ったことがある人はあまり多くないと思います.
    この本は,陸上競技400m障害で世界選手権において2度銅メダルを獲得された為末大選手が自ら行っている様々なドリル等も紹介しつつ,速く走るノウハウ等について書かれた本です.本人がモデルでの写真も豊富に使用されているので視覚的にも非常にわかりやすいです.実際に「足が速くなりたい」という人でなくても,速く走るとはどういうことなのかを知りたい人は一度手に取ってみるときっと面白いと思います.
    (2012ラーニング・アドバイザー/図情NAGAMI)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1307406&lang=ja&charset=utf8

  • 効率的な走り方について、細かく記載されている技術本である。
    また、幼いときから足が速かった為末選手の選手時代、そして銅メダルをとるまでの軌跡が描かれている。

  • 何故走るのか?
    の問いに対し
    「生まれてきたから、走る」
    としか答えようのない境地にまで至った為末の深遠且つ濃密な 「走り」 のフィロソフィー。
    生き方としての 「走り」 を選択した競技者は数多くいたであろうが、そのミッションの意味を自分の頭で考え、語ったのはおそらく彼が最初であろう。

  • 陸上を通していろんな経験をしてきたんだなと感じた。リベンジして欲しいですね。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

『侍ハードラー』の異名をもつ元プロ陸上選手。そして、日本では未だに破られていない男子400mハードルの記録保持者(2001年エドモントン世界選手権 47秒89)。2010年、アスリートの社会的自立を支援する「一般社団法人アスリート・ソサエティ」を設立。現在、代表理事を務める。現役中は、2007年に東京の丸の内で「東京ストリート陸上」を自らプロデュース。2011年、2012年は地元広島で「ひろしまストリート陸上」も開催するなど、陸上競技の普及活動に積極的に取り組む。2012年6月、日本陸上競技選手権大会兼ロンドン五輪代表選手選考競技会にて現役活動に終止符。この後の展開が大いに期待されている。1978年広島県生まれ。著書:『日本人の足を速くする』新潮社 『走りながら考える』ダイヤモンド社『諦める力』プレジデント社 『負けを生かす技術』朝日新聞出版

「2016年 『限界の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

為末大の作品

ツイートする