ただ、ありがとう 「すべての出会いに感謝します」

著者 :
  • ベースボール・マガジン社
4.00
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784583112121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 広島一筋と思いきや金本の後を追ってFAで阪神移籍。しかし、優勝できず、広島へ復帰。阪神での謝罪が書かれているかと思い読んだが、阪神ではけがと選手会長で十分野球ができず、四番の重圧もあったとのこと。阪神ファンの私としては一番好きになれない選手の一人。

  • 新井さんの人柄がすきになりました。

  • 読み始めて数ページで、「これは人前では読めない。泣く!」と思って、お部屋に引き籠ってガガっと読みました。笑える部分 ―― あの、ガッツポーズの話とか ―― もあったのだけど、FAの話とか、カープ復帰の話とか、泣いちゃうお話が多かったです。新井さんの野球人生について書かれているんだけど、自分の記憶の中にもその思い出があるから、読んでいて、「あの時、ああだったなぁ…」なんて懐かしい気分にもなりました。何より、人としてのモノの考え方が凄すぎて。だから、先輩・後輩からあんなにも愛されてたんだなぁ…と思いました。とてもじゃないけど、マネできない。でも、そういう風に考えれるようになれると、少しは人間付き合いが平気になるのかなぁ…なんて思いました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

新井貴浩(あらい たかひろ)1977年、広島市生まれ。県立広島工業高校、駒澤大学卒業。98年のドラフト6 位で広島東洋カープに入団。2005年には本塁打王を獲得し、一塁手としてベストナインに選出される。08年、FAで阪神タイガースに移籍。同年、北京五輪日本代表に選ばれ全試合先発出場を果たす。11年には打点王を獲得。08年から12 年にかけて日本プロ野球選手会会長を務め、東日本大震災に際した被災地支援や開幕の延期等に奔走、また「侍ジャパン」の第3 回WBC への参加を発表するなど、球界発展に尽力した。15 年、カープに復帰。16年は25 年ぶりとなるカープのセ・リーグ優勝に貢献。リーグ史上最年長となる最優秀選手(MVP)に選出されたほか、2000安打、300本塁打を達成。

「2017年 『撓まず 屈せず 挫折を力に変える方程式』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新井貴浩の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×