決算書でよむ企業と業界力 (ベスト新書)

著者 :
  • ベストセラーズ
3.45
  • (3)
  • (17)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 231
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584122709

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この人の会計本は必ず買ってしまいます。
    それくらいのスゴ本(たち)。

    財務3表一体理解法で財務3表を理解して、
    財務3表一体分析法で具体的な会社の財務諸表分析のさわりを学ぶ。

    その次の段階として、大まかな各業界の財務諸表が
    どんな形になっているのか?どれくらいの大きさ(規模)なのか?を
    理解するための本です。

    各業界の姿を俯瞰して理解できるのがグッドです。
    また、自分の業界について詳しい人でも
    なかなか他の業界までは頭が回らないもの。
    簡単にまとまっているので、最初の取っ掛かりとして
    なかなかよいと思います。

    ただ、「この業界(会社)の財務諸表はこんな特徴があります」の
    説明・理由・背景がもう少し詳しく記載されていると
    より勉強になったと思います。
    (新書の形を取っているので、ある程度切り捨てたんでしょうが。)

    本書の発展版がソフトカバーとかで出ないかなぁ。。

  • 各業界の財務諸表を図化されていたことでイメージしやすい

  • B/S、P/Lの規模感が一目瞭然の一冊。


    ・図表でなら理解度があがる人に
    ・決算書解読に目覚め始めた人に
    ・業界地図やグラフ好きな人に

    ▼本質は?
    全ての企業は【お金を集める】→【投資する】→【利益をあげる】という3つの活動を行っています。(國貞克則)
    ▼芝蘭友からひとこと

    決算書の何が楽しいんだ?と思っていましたが、
    しかるべき読み方をある程度マスターすると、
    つまらない本よりよほど決算書は楽しいと気づいた昨今。

    財務分析とは財務諸表から次の5つのことを読み取ることにほかなりません。
    ?どのようにお金を集めてきているか 
    ?それを何に投資しているか 
    ?その投資した資産をいかに効率よく活用し売上高を作っているか 
    ?その売上高をどのように利益に変えているか 
    ?以上の事業全体のプロセスの中で現金がどのように動いているのか

    業界トップ企業の経常利益率が悪かったり、
    業界3位に位置している企業の当期純利益率がめちゃくちゃ
    よかったりするのを見ると非常に面白いです。

    P/L、B/Sの図解で「規模感を知る」というのはとても新鮮!

  • 國貞 克則さんの財務3表シリーズ3作の後に読んだのですんなり理解できました。実践あるのみ。

  • 様々な業界の財務諸表を図式化して理解できる本です。就職活動をする上でも、上位企業を目指す人はぜひ読んでみてもらいたい。各社の財務上の特徴がとてもよく分かります。今となってはデータが若干古くなってきしまった(2年前)のが少し残念。「財務3表一体理解法」を読んだ上でこの本を読んだら理解が深まると思います。

  • 「財務3表一体分析法」で紹介した企業群をさらに拡大し、本書では16業種56社にわたって分析されている。1業種につき業界第1位から第4位までを比較しているが、意想外の違いに驚きを隠せなかった。また、業界に横串を入れての比較も施されており、規模、売上の顕著な違い、経営戦略の違いなど、さまざまな違いが、透明のガラス箱に入れたようによく分かった。それぞれの3表を眺めれば眺めるほどに発見があり、見飽きることなく矯めつ眇めつ眺めた。

  •  『財務3表一体理解法』の応用編らしいということで、理解を深めるために買ってみた。
     本当にざっくりとした分析が業界ごとに延々と続くので、途中で飽きてきた。分析の第一ステップとしては、使える表現方法だと思います。

  • PS、BLから各業界の特徴や経営を読みとくために購入。
    読んでみて、「なるほど、そうなんだ~」って感じでした。
    しかし、この本を薦めるかは、読み手側がどの程度理解したいかによるものだと感じました。
    そういう意味で、読んでみて「なるほど」という位であれば、いいですが、本当にPS、BLから読むようになりたいのであれば、自分でやるしかないですね。
    とはいえ、最初の入り口としては、いいと思います。

  • 『財務3表一体分析法』を途中までしか読めていなかったが、
    とりあえず就活のために流し読み。

    1章は非常にわかりやすかったし、全体として見ても、上記著作
    と同様に、概括的理解には非常に有用かと思う。

    また、2010年3月初版ということで、(リーマン前後の比較や、
    M&A関係などのキャッチアップが)比較的タイムリーだったこと
    が、図書館ユーザーとしては嬉しかった。

    週末に流し読んだので、再読もありうる。

  • [ 内容 ]
    ベストセラー『財務3表一体理解法』『財務3表一体分析法』の著者「図解の達人」が会社の実態と業界の構図を徹底解剖。

    [ 目次 ]
    第1章 決算書は簡単に読み解ける(基本財務3表とは何か;財務諸表は企業の3つの活動を表しているだけ ほか)
    第2章 財務諸表と株式指標の関係を知る(配当とは何か;配当性向とは何か ほか)
    第3章 図解分析で企業と業界力が見えてくる(放送 利益漸減のテレビ業界;医薬品 がっちり利益を貯めこむ医薬品業界 ほか)
    第4章 業界に横串を入れて比較する(業界トップの企業を比較する;業界ごとの平均的なPLとBSのパターン ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年、岡山県生まれ。東北大学工学部卒業。神戸製鋼所勤務を経て、96年、クレアモント大学ピーター・ドラッカー経営大学院でMBAを取得。2001年、ボナ・ヴィータ・コーポレーションを設立。

「2020年 『渋沢栄一とドラッカー 未来創造の方法論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

國貞克則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
内田 和成
有効な右矢印 無効な右矢印

決算書でよむ企業と業界力 (ベスト新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×