いいお坊さん ひどいお坊さん (ベスト新書)

著者 :
  • ベストセラーズ
2.90
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 40
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584123461

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 縁のある人の死にふれる葬儀のときくらいは、数値に表れない「お気持ち」を推し量ってもよいのではないか。一般の人とお坊さんが考える「お気持ち(お布施)」の値段のかい離をテーマに、お寺の存在について考察する。

    仙台のお寺も紹介されていた。

  • 知り合いに臨済宗のお坊さんがいることもあり、タイトルに惹かれて読んでみました。

    単純にいい本だと思います。
    仏教というか、宗教のそもそもの役割に関する説明や、現代日本における仏教/宗教のあり方に関する提案は、納得できるところが多々あります。

    葬式仏教からの脱却を図るためにも、一般人とお坊さんは、互いに歩み寄るべきだとう思いますし、そうしていけたらいいな、と思います。
    仏教的な精神は、案外日本人に根付いているので、仏教に帰依せずとも、互いに歩み寄るだけで、きっと住みやすい世の中になっていくと思います。

  • どうもタイトルと内容が合ってないよね。
    最近の三流ライターが勢いで書いちゃいました的な内容で終わっちゃってるのが残念。もうちょっと深く調査して、現状に基づいた分析ができていれば良書だったのかなと思う。

  • 葬式仏教の話がメーン。
    悪いお坊さんの話のほうが印象に残る
    「社葬じゃないか。お布施50万円プラスね」
    「副住職と二人で行くから200万円」

    74 著者はひどい坊主も改心するかも、
    それならそれで良いのでは、という甘い見方。
    個人的には、無理だと思う。

    48 若者の方が信じている奇跡、あの世
    66 社葬
    119 みんなの寺。檀家ゼロからスタート

    130 3.11と寺。築地本願寺も帰宅難民に開放
    155 100回忌まで法要・ぼったくり?
    179 伝統的な宗教は根本の大事なところで悩まない。教えだから。

    193 心的ストレス解消は精神科医やカウンセラー。坊主出番なし

  • ひどいお坊さんの話も出てくるが、大半は伝聞。むしろ本書の肝はいい坊さんの紹介にある。また一般人と僧侶・寺が良い関係を築くにはどうしたら良いかとの問題意識が通底している。その意味では、この手の書としてはまれに見るほど、お坊さんに理解があり、優しい。一般人、僧侶のそれぞれが本書を読み、この本の議論や論点をベースに対話したら、相互の誤解なり反感は、いくらか和らぐのではないだろうか。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

行政書士、ファイナンシャル・プランナー、葬祭カウンセラー。『心が軽くなる仏教とのつきあいかた』(2017 啓文社書房)、『いいお坊さん ひどいお坊さん』(2011 ベスト新書)著者として、各地の僧侶研修、一般信徒向け催しでの講演多数。遺言、相続、改葬など終活分野全般の相談に応じるほか、生きづらさと向きあう任意団体<ひとなみ>を主宰し、宗教者や医師、士業者、葬送分野の専門家と一般のかたをまじえた座談会を随時開催している。

「2018年 『ワクワクを探して Let'sお墓参り』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いいお坊さん ひどいお坊さん (ベスト新書)のその他の作品

勝桂子の作品

ツイートする