「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書)

著者 :
  • ベストセラーズ
3.30
  • (5)
  • (14)
  • (23)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 196
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584123805

作品紹介・あらすじ

精製された「砂糖」、「塩」、「油」…かつて、人類はこれほどまでに脳に直接的に快楽を得られる食べ物を手に入れたことはありませんでした。そして、近年の研究で、これらの食べ物が一般に「麻薬」と呼ばれるものとまったく同じメカニズムで脳に快楽を与えて、体に刷り込みを与えていることが明らかになってきています。砂糖、油、塩の中毒から抜け出すことは、単なる美容や、個人の幸せという観点からだけでなく、人体の健康上の必須課題であります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブックリサイクルでゲット♪……タイトルと本の内容が違うような気がする。(最近この手のが多いよね…)「マイルドドラック・精製された食品の罠=白澤式ケトン食のススメ=」って感じ。

    だけど私の知りたかった情報が多かったのでなるほどなぁ~ということで☆4つになりました。私はやっぱり砂糖中毒なんだと思った。もっと深く知りたい!と思っても、すぐに違う話になってしまうので残念~。

    南雲先生や新谷弘実先生とも似たようなことが書かれていたっけ。だけど南雲先生も新谷先生も私にとっては、敷居が高過ぎて過ぎて…読んでいる途中から「あー、無理無理w」「金持ちじゃないと無理じゃんか!」とツッコみを入れつつ読んだけど、この本は…少し緩めで「なんとなーくやれば出来そう…かも?」なので、読んで良かった。やれることは取り入れよう!

    身の回りにあふれている食品が身近に手に入り過ぎて…「ハラ減ったー。甘いもの食べたい」⇒「コンビニ行ってくるー」という魔のサイクルを少しでも減らしたい。便利なのはいいことだけど害もあるのだ。

    【メモ・実家の人に貸した。】あとで所在を確かめること。

  • 別に10歳若返りたいと思っているわけではありません(笑)
    砂糖の害については以前から何となく考えていたので、たまたまコンビニにあったので読んでみた。

    人間には砂糖や炭水化物からエネルギーを得るクエン酸回路とは別に、
    脂肪酸を分解してエネルギーを得るケトン体回路というものがあるという。

    炭水化物を主食とする現代人はブドウ糖をエネルギー源とする回路を中心に使っているが、
    狩猟生活を送っていた頃は、栄養源を狩りで獲る獲物に頼っていたから、ケトン体回路が中心になっていたのではないか。

    砂糖の入ったお菓子、砂糖の入ったジュース、スナック菓子、菓子パン、ファーストフードなど、
    常に糖質を摂取している現代人の食生活がそもそも異常な状態であるということ。

    何を食べるか、どう食べるか、いつ食べるかということに、
    もっとちゃんとしようと思いました。

  • 炭水化物、砂糖は『マイルドドラッグ』だと断定する著者の、食社会の対する考察がわかりやすく書かれている。
    すでに南雲氏の空腹本と山田氏の油本を読んで食生活を変えた自分にとっては、ケトン関係以外、目新しい発見はなかったが、食生活を変えた意味を再確認させていただけた。
    大手食品業界が消費者をジャンクフード漬けにして己の利潤を追求する以上、知識を武器に、自分の身は自分で守るのみだ。

    食に関する本を多数読んでいると、これだけジャンクフードに溢れる世間とそれをスーパーで買い物カゴに詰め込んでいる消費者というものが、本当に不思議でしかない。
    自ら求めなければ、生きる上で大切な知識も得られることはないという恐怖。

  • かつお節が発酵食品とは認識していなかった。燻製だっけ?あと、「麹ジャム」って自然な甘味料として興味アリ。この本にも白澤センセイの自家製ジュースレシピがたくさん載ってますが、「アボガドのわかめジュース」は幾らなんでも無理だわ〜!!

  • 心に響くフレーズ
    ① 砂糖はマイルドドラック。中毒性あり、

  • ・ブドウ糖が不足した時には肝臓での糖新生によってつくり出されたアミノ酸由来のブドウ糖や脂肪酸から作り出されたケトン体をエネルギー源として活用する。
    ・ケトン体回路は動き始めるまでに4〜5時間かかる。
    ・食事の時に守ってほしい7か条
    ①朝食をジュースにする
    ②自然で取れた食べ物を中心に食事する
    ③発酵食品を積極的にとる
    ④野菜から食べる
    ⑤よく噛んでゆっくり時間をかけて食べる
    ⑥腹7番目ですませるようにする
    ⑦外食の時は食べ放題飲み放題にせず、半分残す。

  • 甘いモノは、タバコに似ています。
    以前、私はタバコを日常的に吸っていました。
    タバコを吸わないと、イライラしたり、不安になっていたからです。
    しかし、そもそも、タバコを吸わなければ、あまりイライラもしないし、不安にもなりません。
    カラダにとって良い事が、全くないのに吸ってしまう。なぜか?ニコチン中毒だったからです。

    甘いモノにも、同じ論理を適用できるのではないかと思います。私は無類の甘いモノ好きで、
    しょっちゅうチョコ菓子、チョコレート、洋菓子に和菓子を好き好んでよく食べていました。
    甘いモノを食べると、なぜか、「満たされる」ような感じがしたからです。
    一種の精神安定剤のような役割をしていたんだと思います。

    しかし、甘いモノをとって、しばらくすると、なぜか、イライラしてしまったり、気分が優れなくなりました。

    そして、再度、甘いモノ、私の場合は、チョコレートをよく好んで食べていました。
    そもそも甘いモノをとらなければ、そういった症状は発生しないのではないか?
    自分は、もしかしたら、砂糖中毒ではないかと思うようになりました。

    砂糖に関して、いろんな知識が増えていくにしたがって、過剰な砂糖の摂取は、
    カラダにとって、良いことない。圧倒的に害悪が多いのではないかという結論にいたりました。

    ただ自分の論理は、砂糖を悪者にして、控えるようにした方がいいと言いたいだけですが、
    どうやら、今の日本では砂糖を控えるのは至難の業ではないかと思います。
    コンビニに行けば、砂糖を含む、魅力的なお菓子がこれでもかと並んでいます。
    低価格で、誰にでも、買うことができます。

    過剰な砂糖を摂取しての弊害を知れば知るほど、自分達の日常に砂糖が紛れ込んでいる感じがしてならないです。
    少し前ですが、「スイーツ男子」が流行りました。「砂糖漬け男子」です。
    以前、私もそうだったからわかるのですが、砂糖を日常的に摂取する生活を起こると、
    倦怠感、イライラ、不安、集中力の欠如が発生します。

    これは、偏見かもしれませんが、自分の場合、砂糖の摂取を抑えるようにして、
    上記の症状が、かなり減少しました。
    砂糖が原因だ!とは、一概に言えませんが、その可能性も、否定はできないと言うのが正直な所です。

    この著者で白澤先生は、「砂糖」を「マイルドドラック」として考えています。
    常習性、中毒性を問題視してのことです。
    砂糖は、危険なドラックになりうるのではないかと思います。

    特に小さいお子さんがいる家庭では、この「砂糖」に関しての摂取の仕方をよく考えた方がいいのではないか、
    また、私ぐらいの30代の会社員でも、日常的に砂糖を摂取しているのなら、そういう生活を改めてみた方が良いと思います。

  • 読み終わった後は、あんなに砂糖の摂取を控えようとおもったのに…。

  • 読んだ本には毎回真面目(?)に書評を書く、のがモットーの私です。
    余計なお世話だと思いますが、なるべく批判的なことは言わずに、無理やりいいとこ探してほめる、のが私のスタンスです。

    が、今回はケチをつけます。
    タイトルに「10歳若返る」とあるが、そりゃ一体どこに書いてあるんだ?
    炭水化物の害は十分知っている。そんなことより「10歳若返る」について知りたいんだ。痩せ型のオヤジが気にするのはそこなんだけ。

    というわけで、たまにはこういうことも言おう。
    「こりゃハズレだ。」

  • フランス 街中 狭いテーブル 料理ごとに給仕が皿を運ぶ 35年前に訪れたときと同じであった→食の歴史を守り、食を大切にする国にはメタボはいない

    日本 気軽にいろいろなテイストの料理を楽しめる→化学調味料でそれらしきものを再現、日本人好みの味
    賞味期限を伸ばす、目に見えるカロリーを減らす、脳に直接的においしいと訴える様な刺激の強い味

    砂糖、油、塩→濃度と量が度を超えると麻薬のような常習性 伝統食を打ち負かそうとするジャンクフードのビジネスモデル

    ハードドラッグ(コカイン)、ソフトドラッグ(マリファナ、ニコチン、アルコール)→マイルドドラッグ(砂糖→体内でブドウ糖に分解される炭水化物)→白米がおいしいからやめられない白米原理主義=ドラッグ中毒者と同じ理論
    カレーライス、チャーハン、オムライス好き→白米が大量に食べられるから

    イライラ→甘いもの チョコ→落ちつく 仕事帰りにコンビニ 砂糖中毒の症状

    麻薬→脳の報酬系へシグナル→快感
    砂糖→脳へのシグナル→快感 砂糖の摂取をやめ、脳へのシグナルが弱いものへ代える→砂糖切れによる禁断症状を感じにくくなる。

    お弁当、お惣菜の旨味調味料(グルタミン酸)→常習性あり

    アメリカの研究 甘い炭酸飲料多飲→暴力性
    1978年サンフランシスコ 市長議員射殺→犯人はジャンクフードの過食→減刑 トゥインキー(スポンジ菓子ケーキ)・ディフェンス
    精製度の高いものほど中毒のリスク 白米、砂糖、食塩、旨味調味料
    ○塩の代わりに塩麹、砂糖の代わりに麹
    精製度の高いものの中毒が恐ろしいのは、そのインパクトが一生ものになってしまうこと→子ども時代からジャンクフード

    毒にもクスリにもなる「ハッピーホルモン」
    塩、砂糖、油がたっぷり含まれたジャンクフードを食べたとき、心地よいと感じればマイルドドラッグになるリスクが高い

    ラーメン→脂と塩のダブル中毒→せめて週1、できれば月1
    一口目は野菜から→ご飯が先では血糖値上昇、眠気
    チョコ→カカオマスの常習性、油も含有
    炭酸飲料→砂糖、カフェイン
    ハンバーガー、ドーナツ→脂肪、塩分、砂糖
    何にでも醤油→塩分の中毒性

    ビジネスモデルのラーメンライス→塩気の強いスープを飲み干す→塩中毒とさせる戦略
    ロンドン ラーメン屋は少ないがカレー屋が多い→世界中で塩中毒化戦略
    ランチメニュー 短時間で思い付かせるもの→常習性があるもの
    子どもの頃のインプット ドーナツ、あんパン、マクドナルド
    コンビニ、スーパーでの商品棚→ほとんどがマイルドドラッグ中毒患者のほしいもの→お店の戦略

    炭水化物をエネルギーに変換するために必要なビタミンB群の不足→エネルギーとして使われず、そのまま脂質

    タバコ アメリカ先住民にとっての薬と信じられていたほど→ビジネスモデル(常習性、十代へ宣伝)→中毒にすれば一生買ってくれる。
    90%の人が喫煙→議員の喫煙率も高い→法律で規制しない
    ☆日本国民の大半が砂糖中毒だからもう規制できない。→議員も中毒多い、スポンサーも菓子メーカー多い
    →消費者は冷静になって自分の食生活をコントロールしなければならない

    脳の報酬回路 やる気、モチベーション→誉めて伸ばす教育→心地いい気分=脳内にドーパミン→快楽

    人に幸せな気分をもたらす神経伝達物質ハッピーホルモン→ドーパミン、エンドルフィン、セロトニン、オキシトシンの4種類

    ドーパミン→快楽 エンドルフィン→不安や苦痛を麻痺させる役割
    →踊り、ランニングするときにも分泌→ランナーズハイはドーパミンとエンドルフィンが分泌されることで起きる現象

    結果的にいい影響を及ぼそうが悪い影響を及ぼそうが、脳内の報酬回路を通ることに違いない
    腹を抱えて笑えばエンドルフィンが放出(人間がコメディを見て笑う理由は脳でエンドルフィンを出すのが目的・笑い以外にもダンスや宗教の儀式など多くの人が集まって集団で行うときにエンドルフィンが出やすい)

    ラットにジャンクフードを40日間→ドーパミンの受容体が普通のラットより極端に減っていた→報酬回路への刺激がだんだん増幅し、最後には報酬回路が麻痺→麻薬中毒と同じように普通の食べ物では満足できなくなっていた→ジャンクフードによる肥満と薬物中毒は根本的に同じメカニズム

    コカ→精製できるようになった→コカイン(中毒性が高い) 今の食品は精製してあるものが多い

    大脳半球 左右に側坐核→高脂肪食は影響する。

    2011年10月 デンマーク→飽和脂肪酸を多く含む食品の脂肪税 ハンガリー→スナック、清涼飲料水への課税

    キッチンルネサンス 江戸時代の食事 発酵食品 旬の食材

    若い年代の乳がん たった30年で若年化→30年で遺伝子の変化は起らない→30年前と変わったのは食事

    泣きやまない赤ちゃんへ甘いもの→砂糖中毒化
    砂糖をなめたときの感覚→脳内の報酬回路である側坐核を刺激→ドーパミン放出 脳幹の周囲にある核から脳内麻薬であるエンドルフィン→快感

    これまでは血液中のブドウ糖不足→脳の機能低下と考えられてきた。脳はブドウ糖を蓄えられないと考えられてきた。→誤解は砂糖業界のビジネスモデルのせい

    糖尿病患者 インスリン注射→体内のブドウ糖枯渇→意識失う→だからブドウ糖必要という理論

    健康体 体内でブドウ糖枯渇→体内でブドウ糖をつくるスイッチが入る(ケトン体回路)→通常はブドウ糖が不足してから4、5時間経つと十分に働く→脳に栄養が必要と煽る商品=数時間待っていないだけ

    ×砂糖は眠りに必要であるという理論 眠りに欠かせないトリプトファン(肉、卵、ミルク)→脳内でセロトニン→精神を安定させ、メラトニンに変わり眠りをもたらす→トリプトファンが脳内に入る時にブドウ糖が必要=食後の甘いデザート→ブドウ糖の働きを言っているに過ぎない→自分でブドウ糖をつくれるのならば、わざわざ砂糖をとる必要なし

    人類 飢餓の歴史 血糖値を下げることは想定していない。下げるホルモンはインスリンのみ→食事をしなければ自然に下がるから
    血糖値が上がりっぱなしで10年以上過ごしてしまう人多数→インスリンが全身に作用→メタボ、てんかんのような異常行動

    食後→血糖値上昇→インスリン分泌→筋肉でのたんぱく質の合成を促す・眠気をもたらすセロトニンの原料となるトリプトファンの濃度上昇→セロトニンが増加→眠気

    食欲、睡眠を抑制するホルモン・オレキシン→食事、血糖値上昇→オレキシン分泌減少→食欲低下、眠気

    血糖値低下でイライラ→砂糖中毒の禁断症状→×すぐに甘いものを食べてしまう
    甘いものがないためにイライラしたと誤った認識をしてしまう。
    実際は逆で中毒に陥っているから不足したときにイライラする。

    殺人、異常行動→脳では禁断症状以上の脳ドライブを起こしている。
    血糖値が低くなったために起ったのではなく、インスリンがオーバードライブしたときに脳に影響

    人体 炭水化物からATPというエネルギーをつくり出す解糖系のエネルギー産生
    細胞内のミトコンドリア(細胞が必要とするエネルギー、ATPをつくる回路=クエン酸回路)

    血液中のブドウ糖不足→肝臓のグリコーゲンが分解され、ブドウ糖
    グリコーゲン使用後→筋肉のたんぱく質分解(糖新生)
    不足時→脂肪酸がミトコンドリア内へ→クエン酸回路でエネルギー産出…脂肪酸からのエネルギーはケトン体回路

    エネルギーはすべてクエン酸回路で産生
    ①血液中のブドウ糖
    ②肝臓のグリコーゲン
    ③筋肉のたんぱく質
    ④脂肪酸を分解したケトン体
    脳のためにブドウ糖をとる必要があるという説は真実ではない。
    人類の飢餓時代の経験 ケトン体はエネルギー効率がブドウ糖よりも非常によい。
    現代 ブドウ糖によるエネルギー回路に頼っている。
    ケトン体回路は、なかなかスイッチが入らない(空腹感を感じて2、3時間)

    血糖値低下後→インスリンの反応でイライラして待てない→砂糖中毒に陥っているので待てない。

    反ケトン食 糖質を食べるとケトン体回路は止まる→炭水化物が4、5時間体に入らないことが重要

    ケトン食 アトキンス式ダイエット
    ケトン式ダイエットの副作用 頭痛、下痢 急激に脂肪が分解、内臓に負担→体臭、口臭

    てんかん→一部のニューロンの異常興奮状態 解糖系によって合成されたブドウ糖が原因
    ケトン食→脳で行われる解糖系のATP合成を低下→てんかんを抑制

    ブドウ糖をもとにエネルギーをつくるときには脳の神経細胞は興奮→砂糖を食べた後のふわっとした感覚の理由

    ケトン体 アルツハイマー危険因子抑制、長寿命化、老化予防

    基本は炭水化物の摂取量を控え、質のよいタンパク質をとる

    ごはん、パン、麺類など穀類、いも類を控え、赤みの肉、魚介類、たまご、大豆、大豆製品などでタンパク質をとり、野菜、きのこ、海藻類なども不足しないようにするようにする。

    スナック菓子、ハンバーガー、ラーメン、カレーなどの炭水化物たっぷりの食べ物→×
    摂らない方がいい食べ物は次の7種
    1甘い菓子 ケーキ、シュークリーム、チョコレート、クッキー、和菓子、ゼリー
    2スナック菓子(ポテトチップスなど揚げているものは脂質と炭水化物が多い)
    3ファーストフード ハンバーガー、チキンナゲット、フライドポテト
    4パン類 菓子パン、白い食パン
    5牛丼、カツ丼、親子丼、カレー、チャーハン
    6ラーメン
    7白砂糖(ジャムの代わりに麹ジャム、白砂糖のかわりにみりんやはちみつ)、食塩→しょうゆ、みそ、自然塩

    食事のときに守ってほしい7箇条
    1朝食はジュース 血糖値の急上昇を抑えるにはジュースが効果的
    2自然でとれた食べ物を中心の食事(加工食品をあまり使わない)
    3発酵食品を積極的にとる(麹、みそ、しょうゆ、酢、漬け物、キムチ、ヨーグルトなど)
    4野菜から食べる(血糖値の急上昇を抑える)
    5よくかんでゆっくり時間をかけて食べる(満腹感が得られやすくなる)
    6腹7分目(病気予防、老化予防の基本)
    7外食のときは食べ飲み放題にせずにごはんは半分残す

    長寿遺伝子 Sir2 低温、エサが乏しい状態で活性化

    朝の野菜ジュース データから完璧だと確信を持った。インスリンを全く刺激せず、血糖値も安定 お腹も全く減らない→朝食をジュースにしてから空腹感を覚えなくなった。

    ジュースのレシピ
    ①グレープフルーツ、トマト、水②アボガド、レモン③トマト、麹ジャム
    朝スープレシピ
    ①雑穀入りミネストローネ②白菜キムチと豚肉のスープ

    食べる順番 野菜→肉、魚→最後にご飯、パン 懐石料理、フランス料理と同じ本来の正しい食べ方

    GI値(グリセミックインデックス)→高いものは血糖値が上昇しやすい(精製されているもの)

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

●白澤 卓二[著]……お茶の水健康長寿クリニック院長。医学博士。専門は、寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学など。日本のアンチエイジング研究の第一人者。著書は『100歳までボケない101の方法』(文藝春秋)など300冊を超える。テレビの健康番組では、わかりやすい老化防止解説が好評を博している。

「2019年 『階段を「下りる」人はなぜ寝たきりにならないのか?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書)のその他の作品

白澤卓二の作品

「砂糖」をやめれば10歳若返る! (ベスト新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする