不屈に生きるための名作文学講義 (ベスト新書)

著者 :
  • ベストセラーズ
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584124994

作品紹介・あらすじ

ビョーキなほど本の「偏愛者」である作家、大岡玲が体当たりで描く「名作文学」のトリセツ(取扱説明書)全25講。「本と深い仲になる」とは、「自分以外の誰かを生きる」ことであり、「本と友だち」になる経験だ、と著者は説く。神なき時代の弱き人間の姿をピノッキオに重ね合わせ読み解くなど、不朽の名作文学が、生き延びるための知恵として私たちの前に、いまよみがえる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016/06/29

  • 高校生向けに書かれたとおぼしき内容で、少々くだけすぎな文章ではあるけれども面白い文学談義でした。

  • 読書は、人によって様々であるといえるが、筆者の懐の広さと深さは、本の深淵へ、本質へと誘ってくれる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作家・東京経済大学教授

「2015年 『たすけて、おとうさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡玲の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
恩田 陸
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする