玄冬の門 (ベスト新書)

著者 : 五木寛之
  • ベストセラーズ (2016年6月9日発売)
3.41
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 48人登録
  • 9レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584125137

玄冬の門 (ベスト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 五木寛之(1932.9生まれ) 著「玄冬の門」、2016.6発行です。著者は75歳からを玄冬と設定して書かれています。現代の楢山送り「寝かせきり」で経済効果が上がってることに忸怩たる思いを抱きつつ、体力が衰えた後は想像の世界、精神世界での遊びが有効ではと。また、この時期に癌になったとき、治療するかしないか、これが大事だとも。(癌の部位、程度にもよるでしょうけど、確かに確固たる覚悟がいりますね)年寄りは身綺麗に機嫌よく。これは全く同感です(^-^) 

  • 自立した玄冬期を迎えたい。人は生まれてくるときも、死ぬときも一人。

  • 五木寛之、80歳を超え、玄冬期を迎えていわく、 置かれた場所で散りなさい、孤独死の勧めであります。

  • 五木寛之氏の本は人生観、養生観が好きでよく読みます。

    この本のタイトルである「玄冬の門」の玄冬とは人生を青春・朱夏・白秋・玄冬
    の四つにわけた最後の人生。

    五木寛之氏自身が80歳を超え、どのように玄冬の年齢を過ごしていけば良いのかの心構えが書かれています。

    自分にってはまだ先の話ではありますがもし80歳を超えた時には五木氏の言うような玄冬を過ごし方をしてみたいですね。

    良書です。おすすめ。

  • 人生の終わり方

  • そこまでネガティブにならなくてもいいのにと思った。

  • 人それぞれの考え方があって良いと思うけど、私は著者のようにはなれないな。
    もちろん自由に生きていきたいけど、人と繋がりが出来ればそのまま受け入れれば良い。あえて人との繋がりを必要とはしないけど、あえて切って行く事はないと思う。家族だってお互いに居てほしい存在であれば、そのまま協力し合って生きればいいよ。

  • これから玄冬に向かうにあたって
    知識としては良いとおもう。

  • 共感はできる。心と財布の余裕が必要です。

全9件中 1 - 9件を表示

玄冬の門 (ベスト新書)のその他の作品

玄冬の門 (ベスト新書) Kindle版 玄冬の門 (ベスト新書) 五木寛之

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

玄冬の門 (ベスト新書)はこんな本です

ツイートする