99%の会社はいらない (ベスト新書)

著者 :
  • ベストセラーズ
3.55
  • (44)
  • (142)
  • (143)
  • (26)
  • (4)
本棚登録 : 1194
レビュー : 149
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584125250

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の時間に対して考えさせられます。
    あとがきにもありましたがすぐ行動の大切さが実感できます。

  • 他の本でも書かれているように、思い込みをなくしてさっさと行動することの意義を具体例を通して語っている一冊。不満だらけの社会人生活を送っている人には痛快でしょう。このエッセンスを取り入れられたのならば。

  • 誰もがこの人の生き方で成功的に生きれるかといえばそうではない。ある程度の知識やスキルが必要。
    ただそういう生き方もあり、実践して生活している人もいることを知ることができたのは貴重。

  • 堀江貴文氏による著作であり、少々極論もあるものの考え方がこの人はいつも面白いので、この本を選びました。

    工学研究科 M2

  • とにかく動くことが大事。現在は、以前に比べ格段にできることが多くなっている。

  • 会社は不要。楽しく忙しくリスクを取って生きていく。

  • これまでの堀江さんの書籍、メルマガを購読している人には、あまりSomething Newなことはない気がしました。
    とはいえ、読みやすく、堀江さんの考えがまとまっている本だと思います。

  • 自分の時間で生きていれば忙しいなんて感じない。嫌なことはやめよう。夢中になれることをしよう。

  • いつものことながら、本質を突いている。

  • 内容在り来り、文は読み辛い、寿司だけ役立った

全149件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

99%の会社はいらない (ベスト新書)のその他の作品

堀江貴文の作品

ツイートする