いつもの毎日。

著者 :
  • ベストセラーズ
3.30
  • (9)
  • (35)
  • (64)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 326
レビュー : 53
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584132517

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一人の人間が価値観について語った一冊。
    語られる内容は衣食住、そして仕事の話。

    自分が考える「こうありたい」という姿の何段も上を考え、
    実践している所が参考になるし、尊敬もする。

  • 1965年生まれ、暮しの手帖編集長の松浦弥太郎氏の「いつもの毎日。」、2010.7発行。自分らしく生きること、それをテーマにし、衣・食・住・仕事について著者の存念を語った作品です。みんなそれぞれに、生き方やこだわり(程度の差はあれ)がありますね(^-^)

  • 流行や年齢、性別に左右されない自分のベーシックを見つけたい。ないものだけでなく、今あるものに目を向けたい。完璧主義ではないけれど、いつ誰と会っても大丈夫ではいたいなと思った。
    松浦さんの「個人を大切にすることが、家族を大切にすることにつながる」という考え方が好き。

  • シンプルに、生きる。
    追い詰めないこと。
    自分を犠牲にした幸せは、ありえない、ということ。
    my キャパシティを超えないこと。

  • 松浦さんの、一本筋の通った生き方のスタイルが凝縮されていた。

    普段使いの服、ものほど、吟味して選ぶ。手に入れたら大切に大切に使う。

    すごく取り入れたい生き方です。

  • 一貫してブレない人。
    正直/誠実、丁寧、ベーシック、シンプル、分相応。
    この人の本を読むとピシッといい感じに背筋が伸びる。

  • ベーシック探しはいつも新しい自分であるためのスタートラインを見つけること。
    流行と付き合うとは、自分が常に消費を続けなければ成立しない営み。
    トラディショナルは、デザインではなく品質を基準に値付けされているもの、長年作られ続けた上質なもの。

  • 暮らしの中の工夫と発見ノートが一番好きなシリーズですが、それに加えてこの本が好きになりました。

    なんだか、胸が痛くなるところもあれば、泣きそうになるぐらい温かい気持ちになったり、背筋を正されたり、上手くいえませんが、とても良かったです。

  • 大阪→仙台帰りの機内で読了(118/100)
    大人な拘り。野暮。子育て論も聞いてみたい。

  • 心のよりどころとしてのベーシック。

    物が自分を思い出させてくれることもあるんだなあと改めて思いました。

全53件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍。

「2019年 『くらしのきほん 100の実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いつもの毎日。のその他の作品

松浦弥太郎の作品

いつもの毎日。を本棚に登録しているひと

ツイートする