ありのままでもいい、ありのままでなくてもいい

著者 :
  • ベストセラーズ
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584136317

作品紹介・あらすじ

日本人の美徳は「自分らしさ」より、「共感できる力」!「私」とは何か?「仕事」とは何か?そして、「生きる」とは何か…?日本仏教に魅せられたドイツ人禅僧が語る、実践に役立つ「禅」の教え。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この著者(ネルケ無方さん)はテレビで見たことがあるんで、手に取ってみました。

    Let it go は「何もしないで、それ以上追求しないで。かまわないで」
    「自分が思う自分」という枠を外し、一人よがりでない「ありのまま」を見極めること。

    生きることは苦しい
    執着があるから

    春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえて 涼しかりけり 道元禅師

    前向きでも後ろ向きでも仕事はできる。とにかく、その時の時の「やるべきこと」をきちんとやること。
    後ろを向くことで、見える景色もある、

    「見返りが欲しい」という思いを手放す。そして、「人のために何ができるか」を考える。

    朝晩5〜10分、何も考えない時間を持つこと。★★★

    仕事をさせて頂いているという感謝の気持ちがあれば、モチベーションは自然に湧いてくる。

    自分に合う仕事を探すのではなく、自分を仕事に合わせる。

    子供は「育てる」のではなく、「育ってもらう」

    寝ながら坐禅 ★★★
    背中から布団の中に息を吐き出して、また布団から吸うイメージ。自分が地球とつながっているという感覚を味わいながら。
    気づいたら寝ていたといてもいい。

    決して当たり前ではない、いまに満足する。
    それが幸せにつながる。★★★

全1件中 1 - 1件を表示

ネルケ無方の作品

ツイートする