ブロックチェーンの描く未来

著者 :
  • ベストセラーズ
2.83
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 38
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584138809

作品紹介・あらすじ

仮想通貨の正体。「ブロックチェーン」は何を変えるのか? 「ブロックチェーン社会」に備えて今、何ができるのか。ブロックチェーンに関する最先端を解説する決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金の基本的なところの説明から始まり、そこからビットコインの説明に入る

    お金の役割3つは、価値保存、価値尺度、価値交換

    1割しか読めてないので今度読む

  • 2019/7

  • ブロックチェーンは、ありとあらゆることを価値として可視化し、個人に還元していくことが出来るもの。そのときに国家や権力などに依存せず。
    それにより価値ある行動正しく評価される時代になる。

    ルールドリブンの世界。
    従来のルールはまず、人が集まった共同体を起点に、コミュニケーション効率化のためにルールが生まれていた。
    ブロックチェーンの社会では、まずルールが提示され、それに共感する人が集まって共同体が出来る。共同体の中では何が望ましい振る舞いで何を持って貢献とみなすかが定義されてる。

    web1.0 静的コンテンツにやりとり
    web2.0 動的コンテンツ。グローバル共有。PFERの時代。ゼロサムゲーム。
    web3.0 非中央集権、様々なPFが多層的に重なる。情報世界と現実世界が同じになる。現実世界の基本法則を情報世界に持ち込める。
    現金は手渡しだとすぐなのに送金だと時間かかる。紙の本は貸し借りできるのにデジタルはできないとか。

  • 残り20%ぐらいから怒涛の事例紹介で面白い。

全5件中 1 - 5件を表示

ブロックチェーンの描く未来のその他の作品

森川夢佑斗の作品

ツイートする