目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

著者 :
  • ベストセラーズ
4.29
  • (77)
  • (54)
  • (24)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 911
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584138953

作品紹介・あらすじ

読まれると経済学者・官僚が困る本ナンバー1 経済常識が180度変わる衝撃!

第1部 
経済の基礎知識をマスターしよう

1.日本経済が成長しなくなった理由

平成不況
デフレとは何か
輸入品の価格を巡る注意事項
「合成の誤謬」

2.デフレの中心で、インフレ対策を叫ぶ

政府が悪い
二つの経済政策
平成不況の原因は明らか

3.経済政策をビジネス・センスで語るな

問題は「合成の誤謬」
競争に負けた企業は、淘汰されればいい?
政府の無駄遣い
公共投資は無駄だった?
インフレ対策とデフレ対策とは、正反対

4.仮想通貨とは、何なのか

仮想通貨の登場
仮想通貨の決定的な欠陥

5.お金について正しく理解する

貨幣とは、負債の一種
貨幣の歴史
銀行は、貨幣を創造することができる
貸出しと預金の関係
貨幣と租税

6.金融と財政をめぐる勘違い

社会通念がひっくり返る
デフレ下では、中央銀行は貨幣供給量を増やせなくなる
財政赤字をめぐる誤解
財政赤字は民間貯蓄に制約されない
財政政策は、金融政策
需要不足か、貨幣不足か
仮想通貨とデフレ
マッドサイエンティストのような主張

7.税金は、何のためにある?

財政赤字の限界
財政赤字の制約はインフレ率
財政赤字の大きさは関係ない
税は、財源確保の手段ではない
政策手段としての税


8.日本の財政破綻シナリオ

ハイパーインフレになるのか
金利の高騰は起きうるのか
日本を財政破綻させる方法


9.日本の財政再建シナリオ

プライマリー・バランスを黒字化して破綻する
国内民間部門の収支+国内政府部門の収支+海外部門の収支=0
財政健全化は徒労に終わる
財政悪化無くして財政再建なし!


第2部 
経済学者たちはなぜ間違うの?

10.オオカミ少年を自称する経済学者

「国難」としての自然災害
「亡国」の財政破綻
経済学者たちの緊急提言
オオカミ少年

11.自分の理論を自分で否定した経済学者

構造デフレ説
経済構造と貨幣の関係
インフレ目標と期待
後任の日銀副総裁
円安の効果?

12.変節を繰り返す経済学者

状況が変わった?
あまりに時代遅れの理論
正論は負ける!

13.間違いを直せない経済学者

ノーベル経済学賞受賞者の批判
エリザベス女王の疑問
なぜ、インフレ対策しか出てこないのか
経済学者たちの閉鎖的な内輪意識

14.よく分からない理由で、消費増税を叫ぶ経済学者

消費増税の深刻な悪影響
痛みを分かち合う?
財政赤字についての誤解
間違いだらけの財政論
なぜ消費税でなければならないのか

15.経済学は、もはや宗教である

自由貿易の定理
自由貿易の効果の試算
自由貿易の歴史
戦後の自由貿易は成功したか
グローバリゼーションは、歴史の必然?
経済学者の無知

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 経済素人の私ですが、読んでおく価値がありました。

    なぜデフレから脱却できないのだろう、と思ってましたが、はっきりと理由と今後の取るべき対策が書かれています。
    これを読むと、著者以外、政府も経済学者も日銀も、みんな経済素人なのではないかと思ってしまいました。

    海外のうまくいった経済対策を真似てやって、日本はうまくいってない。なぜか?なぜなら、その海外の経済対策はインフレに対する対策だったから・・ということらしいです。海外の真似しかできてない日本の悲しさを感じました。

    印象になったところ:
    ・合成の誤謬:ミクロで合理的な経済活動が、マクロとしては合理的な結果にならないこと(例:デフレでみんな節約、ますます日本はデフレ)
    ・民間のビジネスセンスで、国の経済運営を考えると間違える。(例:企業は無駄な部門、社員を解雇。国でそれが正解にはならない)
    ・国の借金を、家の借金に例えることも素人がやる間違い。国(日本)は自分で円を発行できるため。
    ・信用貨幣論:貨幣とは負債の一形式である。(商品貨幣論は間違い)

  • デフレの原因やMMT理論などを分かりやすく解説してくれていて、面白い。
    本当に本通りなのだとしたら、日本のやってる経済対策は全くの逆という事で、増税したばかりの未来が暗く悲しい。

  • 経済の理論と現実の政策を結びつけて論じている良書。
    平成の時代に行ってきた政策がいかに間違っていたか、経済学の理論的な危うさ、経済学者達の無知と傲慢などが明確に書かれている。
    必要なのはデフレに対して正しい対策を打つこと。そしてその対策についての正しい理解である。

  • 経済学の天動説 世間の目を早く覚まさせなければ。

  • 分かりやすかった、より内容を咀嚼し、周りに説明できるようにする

  • このような人に総理大臣になってほしいと思います

  • 最近話題になっているMMTについて経済をきちんと勉強してきていない自分でもスラスラ読めるくらいに分かりやすく書かれてあって読みやすかった。自分がこれまで常識だと思っていた政治や経済、財政について間違っていたのだと気付かされた本だった。日本人全員に読んでほしい。

  • 貨幣やデフレの仕組みが分かりやすく解説された良書だと思います。
    なぜ日本が30年以上も停滞し続けているのか。
    歯痒い思いを感じていた私にとって、まさに目から鱗と言った内容でした。
    ただ、そこまで単純明快な解決方法にも関わらず、なぜ政治家や官僚が間違った政策を取り続けているのかという疑問は解消されませんでした。
    次は逆にMMTに批判的な本を読んでみたいと思います。

  • 前半は良かった。経済の中身をわかりやすい実例で説明されていて、筆者の「これ以上分かりやすく書けない」って言葉も事実だった。だが、後半から色々な経済学者や政府の経済対策の批判が綴られ続ける…。自分には基本的で中立的な経済について勉強不足だったので、筆者の意見が全て正しいのか判断出来なかったら。基本的な知識を身につけてからもう一度読んでみたい。

  • デフレは良くないね
    もっと経済について勉強しようと思った

全75件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中野 剛志(ナカノ タケシ)
評論家
1971年、神奈川県生まれ。元・京都大学大学院准教授。専門は政治経済思想。1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2001年に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文‘Theorising Economic Nationalism’ (Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に、『富国と強兵』(当社)、山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)、『TPP亡国論』『世界を戦争に導くグローバリズム』(ともに集英社新書)、『奇跡の経済教室』(ベストセラーズ)、『国力論』(以文社)などがある。

「2021年 『ナショナリズムの美徳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野剛志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
L・ランダル・レ...
ジャレド・ダイア...
中野剛志
有効な右矢印 無効な右矢印

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】を本棚に登録しているひと

ツイートする
×