目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

著者 :
  • ベストセラーズ
4.43
  • (28)
  • (8)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 328
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584138953

作品紹介・あらすじ

読まれると経済学者・官僚が困る本ナンバー1 経済常識が180度変わる衝撃!

第1部 
経済の基礎知識をマスターしよう

1.日本経済が成長しなくなった理由

平成不況
デフレとは何か
輸入品の価格を巡る注意事項
「合成の誤謬」

2.デフレの中心で、インフレ対策を叫ぶ

政府が悪い
二つの経済政策
平成不況の原因は明らか

3.経済政策をビジネス・センスで語るな

問題は「合成の誤謬」
競争に負けた企業は、淘汰されればいい?
政府の無駄遣い
公共投資は無駄だった?
インフレ対策とデフレ対策とは、正反対

4.仮想通貨とは、何なのか

仮想通貨の登場
仮想通貨の決定的な欠陥

5.お金について正しく理解する

貨幣とは、負債の一種
貨幣の歴史
銀行は、貨幣を創造することができる
貸出しと預金の関係
貨幣と租税

6.金融と財政をめぐる勘違い

社会通念がひっくり返る
デフレ下では、中央銀行は貨幣供給量を増やせなくなる
財政赤字をめぐる誤解
財政赤字は民間貯蓄に制約されない
財政政策は、金融政策
需要不足か、貨幣不足か
仮想通貨とデフレ
マッドサイエンティストのような主張

7.税金は、何のためにある?

財政赤字の限界
財政赤字の制約はインフレ率
財政赤字の大きさは関係ない
税は、財源確保の手段ではない
政策手段としての税


8.日本の財政破綻シナリオ

ハイパーインフレになるのか
金利の高騰は起きうるのか
日本を財政破綻させる方法


9.日本の財政再建シナリオ

プライマリー・バランスを黒字化して破綻する
国内民間部門の収支+国内政府部門の収支+海外部門の収支=0
財政健全化は徒労に終わる
財政悪化無くして財政再建なし!


第2部 
経済学者たちはなぜ間違うの?

10.オオカミ少年を自称する経済学者

「国難」としての自然災害
「亡国」の財政破綻
経済学者たちの緊急提言
オオカミ少年

11.自分の理論を自分で否定した経済学者

構造デフレ説
経済構造と貨幣の関係
インフレ目標と期待
後任の日銀副総裁
円安の効果?

12.変節を繰り返す経済学者

状況が変わった?
あまりに時代遅れの理論
正論は負ける!

13.間違いを直せない経済学者

ノーベル経済学賞受賞者の批判
エリザベス女王の疑問
なぜ、インフレ対策しか出てこないのか
経済学者たちの閉鎖的な内輪意識

14.よく分からない理由で、消費増税を叫ぶ経済学者

消費増税の深刻な悪影響
痛みを分かち合う?
財政赤字についての誤解
間違いだらけの財政論
なぜ消費税でなければならないのか

15.経済学は、もはや宗教である

自由貿易の定理
自由貿易の効果の試算
自由貿易の歴史
戦後の自由貿易は成功したか
グローバリゼーションは、歴史の必然?
経済学者の無知

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 経済学の天動説 世間の目を早く覚まさせなければ。

  • 日本がデフレから脱却できていないこと。デフレとインフレではとるべき経済政策が(当然ながら)異なる(真逆)こと。デフレ時に必要なのは需要を増やす対策であり、積極財政、規制強化(これはなるほどと思った)、減税 などであること。政府の国債残高がどれだけ膨れ上がっても財政破綻(デフォルト)はあり得ず、インフレ率を見ながら国債発行を判断していけば良いこと。
    などが、わかりやすく書かれている。
    財務省やその御用学者達と、一度ガチで論戦してほしい。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/517602

  • この人、ほんと天才。
    こんな官僚がいたことに日本もまだ捨てたもんじゃないかもしれないと思わせてもらえる。
    こういう天才がこういう志と心意気で仕事してくれていることに感動する。

    10/18追記:
    今回の台風19号の河川氾濫被害につき、この中の「防災投資を阻んできた経済学者たちを批判する章(10章)」が無料公開されています。
    https://kkbestsellers.net/n/n452ce54c1193

  • 日本はデフレだからデフレ対策をしなくてはならないという当たり前のことが書いてある。歴史に学べばニューディール政策。だけどみんなバカだから逆のことばかりやってる。

  • p28 デフレとはカネの価値が上がること
    p29 お金の価値が上がっていくならば、人々は、モノよりもカネを欲しがるようになる〜。〜貨幣価値が上昇するデフレになると〜借金は、借りた時よりも返す時の方が実質的に膨らんでいる〜
    p30 インフレとは、カネの価値が下がること
    p31 インフレは、貨幣価値が下がっている状態ですから、人々は、カネよりもモノを欲しがります。
    〜借りた時よりも返す時の方が貨幣価値が下がるならば、カネは借りた方が得だ。
    p38 〜個々の正しい行動でも、〜全体として、好ましくない事態がもたらされてしまう。このような現象を〜「合成の誤謬」と言います。
    p60 需要を拡大するための政策=財政支出の拡大〜
    供給を抑制するための政策=規制の強化〜
    #ベーシックインカムや労働時間の短縮も選択肢になるのだろうか。社会福祉の拡充。ただし、医療には割かない。
    トランプ氏の保護主義はこれに則っている?
    日本の働き方改革も生産性の低下を狙ったもの?
    p98 銀行が、預金通貨という通貨を創造する。〜預金を元手にして、貸出しを行なっているのではありません。〜貸出しによって、預金という貨幣が創造されるのであう。〜借り手が債務を返済すると、預金通貨は消滅するのです。

  • デフレから脱却が必要
    新自由主義はインフレ対策

    貨幣は商品貨幣論ではなく、信用貨幣論で考える

    現代貨幣理論では貨幣は納税手段となる

    合成の誤謬、ミクロで正しいこともマクロでは正しくない

  • さすが!とても分かりやすく納得感がある。
    筆者は本当に日本をよくしたい、と思っているのかもな。
    しかしよく勉強している
    仕事をしながらなのに本当にすごい。
    天才だなぁ・・・
    戦略編も読まなければ。

  • まず日本経済の凋落ぶりを示す具体的なデータに驚いた。景気低迷の原因がデフレにあることは承知していたが私の世代だとどうしてもバブル崩壊の方が印象は大きい。バブル崩壊の衝撃がデフレという本質的な問題の影を薄くしてしまっている。
    https://sessendo.blogspot.com/2019/09/blog-post_4.html

  • これは凄い、夢がある! 希望がある! こういう話を聞きたいの。主流派経済学は科学でも何でもない閉鎖的な知的遊戯に過ぎないということは安冨先生(経済学者である)が木っ端微塵に粉砕していたのも記憶に新しいところ。二十年もデフレやってる日本は、デフレ下でインフレ対策をせっせとしていたのだという…。絶望的にバカなんか。二十年、手をこまねいた方々には引導を渡そう。その二十年が俺たちの二十代、三十代、四十代だったことを思うとまじて泣けるんですけど、未来を向こう

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中野 剛志(ナカノ タケシ)
評論家
評論家。1971年、神奈川県生まれ。元・京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治経済思想。1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2001年
に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism) でNations and Nationalism Prizeを受賞。著書に山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)、『TPP亡国論』『世界を戦争に導くグローバリズム』(ともに集英社新書)、『国力論』(以文社)、『真説・企業論』(講談社現代新書)、『日本の没落』(幻冬舎新書)、『富国と強兵─地政経済学序説』(東洋経済新報社)、『目からウロコが落ちる奇跡の経済教室【基礎知識編】』『全国民が読んだら歴史が変わる奇跡の経済教室【戦略編】』(ともにベストセラーズ)などがある。

「2019年 『MMT現代貨幣理論入門』 で使われていた紹介文から引用しています。」

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】のその他の作品

中野剛志の作品

目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】を本棚に登録しているひと

ツイートする