アリスの国の不思議なお料理

  • ベストセラーズ
3.67
  • (29)
  • (18)
  • (57)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 264
感想 : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584188279

作品紹介・あらすじ

アリスが"不思議の国"で口にする背が伸びたり縮んだりする「二刀流きのこ」、"鏡の国"で出会ったハンプティ・ダンプティの「おしゃれゆで卵」、公爵夫人の「こしょうはもうたくさんスープ」はどんな味がするのえしょう?アリスの不思議な国のお料理の作り方、お教えしましょう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アリスの世界に登場する摩訶不思議なお料理とお菓子のレシピ本。

    高校生の頃図書館で借りたこの本のレシピを授業中せっせとノートに書き写していました。手に入りにくい材料のものなら自分なりに代用品で作ってみたり。

    挿画はもちろん、あの古き良きアリスの絵柄。

  • アリスの名シーンとともに、場面に出てくるお菓子の
    レシピをピックアップしてくれていて、本の中の世界を
    少し体験した気分になれます[^-^]

    本に載っているお菓子をあらかじめ作っておいて
    DVDを鑑賞すると楽しさもまます膨らみます♪

  • アリスの不思議な世界がまぶたの裏にむくむく湧いてくる
    プディング スープ ジャムタルト
    お茶会の準備ができました
    幼い頃どれほど恋焦がれたか
    大人になってよかった!

  • ミニコメント
    「不思議な国のアリス」に登場する”あの飲み物”や”あの食べ物”のレシピ集。アリスの冒険を自分自身で味わえます。

    桃山学院大学附属図書館蔵書検索OPACへ↓
    https://indus.andrew.ac.jp/opac/book/407451

  • 久々にアリスを読んでみたくなった。
    完全にキチガイな話だけど…

  • 実はアリスをしっかりと読んだことなかったけど読んだ気になってしまった。開高健さんの娘さんが訳者さんで驚いた。鉄道自殺で亡くなったことに驚愕。。中に入ってた小品「精神の栄養学」はとても良かった。原文は”Feeding the Mind”ただし乱読家には耳が痛い。2月に入ったら精読モードに切り替えたいと思ってます。

  • 装丁が素敵。料理は面白いけど、何故生クリームと果物と牛の背脂を一緒に使うの…とかそういうふうなのがたくさん。

  • 装丁が可愛い♪
    アリスの物語に出てくる料理が作れるんだ!と期待したけれど、実際作ってみようと思えたものはあまりなく…。ハンプティダンプティ煮卵は試してみたいかも。

  • [イギリス][レシピ][お菓子][アリス]

  • 「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」の世界に登場する食べ物を、もしかしたら作れるかもしれない(?)お料理本。たびたび原典の文章が紹介されているのですが、わたしは開高道子さんの意訳が好きなのです。アリスは言葉遊びが入りすぎて、日本語訳ではあまりニュアンスが伝わらず、しっくりこなかったりするけれど、開高訳は日本語文章として面白いと思います。

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オックスフォード大学モードリンガレッジで古典、英文学を専攻。BBC(イギリス放送協会)で放送作家、番組制作に携わる。

「2015年 『アリスの国の不思議なお料理』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョン・フィッシャーの作品

アリスの国の不思議なお料理を本棚に登録しているひと

ツイートする
×