悩みも迷いも若者の特技だと思えば気にすることないですよ。皆そうして大人になっていくわけだから。ぼくなんかも悩みと迷いの天才だったですよ。悩みも迷いもないところには進歩もないと思って好きな仕事なら何でもいい。見つけてやって下さい。

著者 :
  • 勉誠出版
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585053378

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ読んでる途中なのにレビュー。
    横尾忠則さんの作品をそんなによく知っているわけでもないのに手にとってしまい、まんまとトリコに。読んでるうちに身体が柔らかくなるような、自由になれるような。なんて自由な思考、のびやかな日常。
    こういう人の日々の記録が本になったりして、読む機会が格段に増えたのもインターネットのおかげかもしれない。付箋を貼ったりして、あとから読み返したい箇所多数。
    横尾さんの作品集もぜひ見てみたいと思う!

全1件中 1 - 1件を表示

横尾忠則の作品

悩みも迷いも若者の特技だと思えば気にすることないですよ。皆そうして大人になっていくわけだから。ぼくなんかも悩みと迷いの天才だったですよ。悩みも迷いもないところには進歩もないと思って好きな仕事なら何でもいい。見つけてやって下さい。に関連する談話室の質問

悩みも迷いも若者の特技だと思えば気にすることないですよ。皆そうして大人になっていくわけだから。ぼくなんかも悩みと迷いの天才だったですよ。悩みも迷いもないところには進歩もないと思って好きな仕事なら何でもいい。見つけてやって下さい。を本棚に登録しているひと

ツイートする