書物学 第14巻 贋作・偽作 (書物学14)

制作 : 編集部 
  • 勉誠出版
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585207146

作品紹介・あらすじ

シェイクスピアの贋作と出版社の経営戦略、著者の願望を反映した荒唐無稽な歴史記述、「改善」とのたまう過剰な編集介入など、「偽り」の背景に渦巻く人間模様を暴く。
また、いまだ解読されない「ヴォイニッチ写本」の真贋論争史を整理・考察。
西洋書誌学の闇に分け入り、謎解きに挑む!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何をもって贋作か、偽作か。ではオリジナルとは。吉田篤弘の『モナ・リザの背中』がよみがえってくる。

  • それは、喜んで貰うために、あるコトないコトをドッサリ盛りたくなるからなのさ。。。

    勉誠出版のPR
    人はなぜ、偽りの書籍を編纂するのか―
    シェイクスピアの贋作と出版社の経営戦略、著者の願望を反映した荒唐無稽な歴史記述、「改善」とのたまう過剰な編集介入など、「偽り」の背景に渦巻く人間模様を暴く。
    また、いまだ解読されない「ヴォイニッチ写本」の真贋論争史を整理・考察。
    西洋書誌学の闇に分け入り、謎解きに挑む!
    http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&cPath=9_29&products_id=100954

全2件中 1 - 2件を表示

書物学 第14巻 贋作・偽作 (書物学14)を本棚に登録しているひと

ツイートする