京都観音めぐり 洛陽三十三所の寺宝

制作 : 長村祥知 
  • 勉誠出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585210535

作品紹介・あらすじ

六角堂を皮切りに、清水寺、泉涌寺、壬生寺中院等々、京都市中の観音信仰の名刹をめぐる「洛陽三十三所」。
各札所の紹介とともに、初公開の寺宝も多数のカラー図版で紹介、充実の解説とコラムも備えた「洛陽三十三所」を闊歩するための絶好の道先案内となる一冊!

掲載作品点数100点以上、誓願寺縁起絵(新京極 誓願寺蔵)、金山天王寺縁起絵巻(廬山寺蔵・全篇掲載)、六角氏奉行人連署禁制(福勝寺蔵)、胎灌記(革堂 行願寺蔵)など、50点超が新発見ないし初掲載!

著者プロフィール

京都府京都文化博物館学芸員
著書・論文:『中世公武関係と承久の乱』(吉川弘文館、2015 年)、『京都観音めぐり 洛陽三十三所の寺宝』(共編著、勉誠出版、2019 年)、「木曾義仲の上洛と『源平盛衰記』―近江国湖東路の進軍と反平家軍の連携―」(『軍記と語り物』48 号、2012 年)など。

「2020年 『武者の世が始まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

京都観音めぐり 洛陽三十三所の寺宝を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×