天神の物語・和歌・絵画 中世の道真像

著者 :
  • 勉誠出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585220299

作品紹介・あらすじ

現実の苦悩を経た者への共感や鎮魂の念が、「死者が生者の世を支配していく」構造、「現人神」としての信仰へと結実し、多種多様の物語、和歌、絵画が生み出された。社会の広範な層に浸透した中世天神信仰は如何に形成されたのか-諸資料の多角的な読み解きにより、日本人の宗教観・精神史における天神信仰の意義を解明する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  無駄のない、論理的な文章にもかかわらず、優美な語り口調で、すぐにお話に引き込まれました。
     
     天神信仰がどのように成立し、浸透していったのか、絵巻や和歌を通して考えています。多くの絵巻、和歌等を比較した緻密な研究成果の集大成です。 

全1件中 1 - 1件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×