甘粕正彦と李香蘭 満映という舞台

著者 :
  • 勉誠出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585221234

作品紹介・あらすじ

令名高き美女と悪名高き野獣は、満洲国でどのような理想を求めたのか。五族協和の理想を文化面から実現しようとした国策会社、満洲映画協会(満映)を舞台として、理事長と看板女優という役割を演じきった甘粕と李香蘭。ふたりの活動は、流動的多民族国家であった満洲国にとって必須の統治手法であり、同時に、多くの人材を集め戦後日本映画界の揺籃ともなった。満洲という幻の舞台で、希代の女優・怪優たちの見た夢の軌跡を追う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大杉事件の下手人から満映理事になった甘粕正彦と日本人ながら卓越した語学力で中国人になり切った絶世の美女李香蘭の二人を軸に怪物たちが闊歩する20世紀前半の満洲を描いたノンフィクション。岸信介などの政治家、コーランや東条を叩く奇行でも知られる大川周明、津川雅彦や長門裕之に連なるマキノ家のマキノ光雄、先日亡くなった原節子、赤とんぼで有名な山田耕作、森繁久彌など戦後の政治、芸能界の大物も多数彼らとかかわりがあり驚かされる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

小林 英夫(こばやし ひでお) 1943年東京生まれ。1966年東京都立大学法経学部卒, 1971年東京都立大学博士課程修了。現在, 早稲田大学名誉教授, 早稲田大学自動車部品産業研究所顧問。専攻, アジア経済論・アジア企業論・日本近現代史。主要著書『戦後アジアと日本企業』(岩波書店, 2001年), 『産業空洞化の克服』(中公新書, 2003年), 『BRICsの底力』(筑摩書房, 2008年), ほか。

「2016年 『ASEANの自動車産業』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林英夫の作品

ツイートする
×