宇宙飛行の父 ツィオルコフスキー: 人類が宇宙へ行くまで

著者 :
  • 勉誠出版
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585221968

作品紹介・あらすじ

耳が聞こえず孤立するなか、「伝説の独学」によってロケットの基礎となる理論を打ち立てたロシア人科学者コンスタンチン・エドゥアールドヴィッチ・ツィオルコフスキー。
人類みんなを宇宙に飛ばすことを夢見て、知性と理論による驚異的な未来予想で科学を発展させた「ロケット推進の父」の、日本ではじめての伝記。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 語尾にスキーの名前と言えばドストエフスキーとチャイコフスキーくらいしか思いつかない。ツィオルコフスキーって初めて聞いた。第二次大戦前の1935年に78歳ですでに死んでいるし、ソ連の科学者だったのでアメリカべったりの日本にはその偉人伝は伝わってこなかった。だから当然自分もロケットの開発はフォン・ブラウンという天才が全部やったのかと思ってた。でもあの円錐形のロケットの形態や推進装置の理論を提起したのはツィオルコフスキーがはじめての人、ソ連では有名だったみたいだ。葬儀は国葬で執り行われた。

     ガガーリンが宇宙を夢見たのも、きっかけはツィオルコフスキーの宇宙の話を知ってからだと、NHKの映像の世紀プレミアムでも言っていた。ガガーリンはツィオルコフスキーことをめちゃくちゃ持ち上げていた。月面をふわりふわりと飛び歩いくクレイアニメの映像も紹介されていたが、これはアポロが月面に行くよりもはるか前にツィオルコフスキーの理論を映像化したもの。確かな知識に裏打ちされていたことは、その後アメリカによって証明された。

     本の前半は幼年時代から苦学時代のエピソードなので、そんなに面白くもないのだが、後半は結構面白い。SF作家のヴェルヌの描いた月世界旅行に刺激されたツィオルコフスキーのロケット理論の話や、気球を金属でつくることを最初に考えた話とか。とても真面目に考えて得られた結論で、今では当たり前の理論なのに、当時は馬鹿呼ばわりされて相手されないところがかわいそう。もしそばにいることができたら、馬鹿っていう人が馬鹿なんです!ってJSのような捨て台詞をアカデミーのお馬鹿連中にぶち込みたい。

     でも、この人そんなに気にしてないんだよね。生き方がとっても清々しい。家族とも仲が良いし。たぶん宇宙のことを考えているうちに嫌なことを忘れちゃうんだろうな。永遠の科学少年というのはこういう人のことを言うんだなと思った。

     ツィオルコフスキー死後の宇宙開発の歴史も、アメリカをひっくるめて最終章でまとめられているのでありがたい。

     ツィオルコフスキーの書いたSF小説が何作か早川書房から1950年代に出ているようだが、どれだけその後の宇宙開発の歴史を予言していたのか、読んでみたい。図書館にあるかなぁ・・

  • 学びたいという意志,宇宙への夢,それに向かっての日々の積み重ね,もうただただ頭が下がります.ざっくりと世界の情勢も書かれていて,図録や写真も多くとてもわかりやすい.表紙の松本零士氏の絵はユーモラスで楽しい.

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授、はまぎん こども宇宙科学館館長、日本宇宙少年団顧問、日本学術会議連携会員。
日本の宇宙活動の「語り部」であり、「宇宙教育の父」と呼ばれる。著書多数。

「2019年 『マックス 宇宙ステーションへ行く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

的川泰宣の作品

ツイートする