ポストコロナ時代の東アジア (アジア遊学253)

制作 : 玄武岩  藤野陽平 
  • 勉誠出版
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585227199

作品紹介・あらすじ

新型コロナウイルスのパンデミックはかつてない社会的混乱を招いている。
日本・台湾・韓国・中国・香港はこの危機にどう対応したのか。
都市封鎖や各種の自粛措置、メディア戦略、「新しい生活様式」等の各国の政策から、疫病除けの妖怪「アマビエ」の流行、各国の宗教対策まで、メディア・社会・宗教など多様な視点から比較検証。
国家と市民社会の関係、社会のゆがみを浮き彫りにし、国境を越えた連帯と共感の必要性を問い直す

著者プロフィール

北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院教授。専門はメディア文化論、日韓関係論。
主な著書に『コリアン・ネットワーク—メディア・移動の歴史と空間』(北海道大学出版会、2013年)、『「反日」と「嫌韓」の同時代史―ナショナリズムの境界を越えて』(勉誠出版、2016年)、『サハリン残留―日韓ロ百年にわたる家族の物語』(共著、高文研、2016年)などがある。

「2020年 『ポストコロナ時代の東アジア』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ポストコロナ時代の東アジア (アジア遊学253)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×