モノと図像から探る妖怪・怪獣の誕生 (天理大学考古学・民俗学シリーズ)

制作 : 天理大学考古学・民俗学研究室 
  • 勉誠出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585230410

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • URLはこちら https://www.nihu.jp/ja/event/symposium/28 『第28回人文機構シンポジウム 妖怪空間―でそうな場所― 』 : 
    平成28年6月11日(土) 13:30〜16:30 有楽町朝日ホール
    大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
    ⇒ URLはこちら http://sea.ap.teacup.com/pasobo/2108.html 『「妖怪空間―でそうな場所―へ行こう!」 』 :  〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    本書には、ゴジラの話もありますね! 「妖怪から怪獣、そしてゴジラへ 小松和彦」
     2014年6月7日(土)公開の映画『ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版』見ました。
     2014/07/30には、『ハリウッド映画:GODZILLA』も見ました。 

    本を読むのが楽しみだと借りたのですが、ちょっと専門的というかこだわりの内容です。
    読んだのはこの2つ
     ・ 妖怪から怪獣、そしてゴジラへ 小松和彦
     ・ ひとり古墳部の魅力 スソアキコ‖語り手 安井眞奈美‖聞き手
    どちらも、おもしい。 
    後者は安井眞奈美さんの出産に関わる話もあり興味深かった。

     → 天理大学考古学・民俗学研究室
    URLはこちら http://www.tenri-u.ac.jp/topics/q3tncs00000xp6b3.html 『天理大学 | 歴史文化学科考古学・民俗学専攻|研究室だより|妖怪・怪獣の誕生を大いに語る 』 : 

    2016/06/01 予約 6/8 借りて読み始める。<!-- 6/15 一部読み終わり返却予定。 --> 
     
    内容と目次・著者は

    モノと図像から探る妖怪・怪獣の誕生 (天理大学考古学・民俗学シリーズ)

    内容 :
    妖怪や怪獣を生み出してきた人々の創造力と想像力を、
    ササン朝ペルシャの装飾太刀や、正倉院の人面鳥、ゴジラなどから明らかにする、考古学と民俗学の融合的研究。
    日本の妖怪文化の根源を、広くユーラシアにも求めて探究する。

    内容 鬼道 金関恕‖著 p8-22
    一つ目小僧の系譜 飯島吉晴‖著 p23-53
    一つ目と考古学 桑原久男‖著 p54-62
    妖怪が生まれるとき 安井眞奈美‖著 p63-69
    正倉院に人面鳥がいる 山本忠尚‖著 p70-96
    ガンゴウジとガゴゼ 角南聡一郎‖著 p97-106
    龍・鳳凰・鬼 橋本英将‖著 p107-127
    中国古代の怪獣世界 小田木治太郎‖著 p128-136
    「怪獣」の足跡 齊藤純‖著 p137-157
    妖怪から怪獣、そしてゴジラへ 小松和彦‖著 p158-161
    ひとり古墳部の魅力 スソアキコ‖語り手 安井眞奈美‖聞き手 p162-169

    著者 : 天理大学考古学・民俗学研究室
    URLはこちら http://www.tenri-u.ac.jp/topics/q3tncs00000xp6b3.html 『天理大学 | 歴史文化学科考古学・民俗学専攻|研究室だより|妖怪・怪獣の誕生を大いに語る 』 : 
     

全1件中 1 - 1件を表示

モノと図像から探る妖怪・怪獣の誕生 (天理大学考古学・民俗学シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする