労働社会の終焉―経済学に挑む政治哲学 (叢書・ウニベルシタス)

制作 : Dominique M´eda  若森 章孝  若森 文子 
  • 法政大学出版局
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588006760

作品紹介・あらすじ

労働中心社会と表裏一体をなす〈経済学〉の優越と〈政治学〉の後退を批判し,労働に代る社会的絆を構築するための政治学を提唱する。脱労働社会への展望を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 橘木俊詔『新しい幸福論』より。

  • 図書館

  • 分類=経営・労働・経済・政治。00年6月。

全3件中 1 - 3件を表示

労働社会の終焉―経済学に挑む政治哲学 (叢書・ウニベルシタス)のその他の作品

Le travail une valeur en voie de disparition マスマーケット Le travail une valeur en voie de disparition ドミニク・メーダ
Le travail : une valeur en voie de disparition ペーパーバック Le travail : une valeur en voie de disparition ドミニク・メーダ
Le travail, une valeur en voie de disparition ? (édition 2010) マスマーケット Le travail, une valeur en voie de disparition ? (édition 2010) ドミニク・メーダ

労働社会の終焉―経済学に挑む政治哲学 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に登録しているひと

ツイートする