宗教の社会学―東洋と西洋を比較して (叢書・ウニベルシタス)

制作 : Bryan R. Wilson  中野 毅  栗原 淑江 
  • 法政大学出版局
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588007439

作品紹介・あらすじ

ウェーバー的立場から,西洋的概念による視座を東洋の宗教文化に適用する。現代における宗教と社会の諸問題,その緊張関係を構造的に読み解き,研究の方途を示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 古いという印象は否めないものの、宗教社会学というものがどのようなものを射程に入れようとしているのか、またどのような道筋をたどってきたのかを振り返るという意味でも本書は一読に値する。特に「宗教学」と「宗教社会学」の射程の違いに言及しているところは、当事者ということもあるので興味深く読んだ。

    また、宗教の機能主義的な整理としても参考になることが多かった。このような機能主義的な方向で宗教を語るということが現在どの程度流行っていることなのかはわからないが(極端な機能主義者は少なくとも「宗教学」としてはあんまり見ない気がする)、この本のような知見を積み重ねることによって、宗教社会学は発展してきたのだなあという印象を抱いた。

    この本に特筆している点としては、その他に創価学会への言及があるだろう。筆者自身、創価大学で教えたことがあるとかないとか書いてあった記憶があるのだが、このように創価大学に対して一定の評価を与えている本はなかなかなさそうなので、そういう意味でも一読に値するかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

ブライアン・ウィルソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

宗教の社会学―東洋と西洋を比較して (叢書・ウニベルシタス)はこんな本です

ツイートする