言説、形象(ディスクール、フィギュール) (叢書・ウニベルシタス)

制作 : 合田 正人  三浦 直希 
  • 法政大学出版局
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (706ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588009600

作品紹介・あらすじ

見ることと語ること、言葉と像のあいだで、意味はどのように生まれ、欲望は何を成就するのか。現象学と言語哲学、構造主義と精神分析、美学と記号学の領野を自在に移動しながら、メルロ=ポンティやラカンを批判的に乗り越え、言説と形象の空間的厚みを比類ない知性で探究した初期リオタール哲学の頂点。翻訳不可能といわれたポスト構造主義の記念碑的著作、刊行から四〇年後の全訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フォルマリズム、構造主義思想の極北にある著作だと思う。ソシュールやスタロバンスキーが探求した「語の下に潜む語」より一般的には「無意識」「欲望」といった所与についての問いを、絵画や建築にまで拡張し、それら文学テクストや絵画空間のなかの言説(≒意味)と形象「フィギュール」(≒視覚、感覚)の共犯関係が学際的な視点から徹底的に議論される。哲学的素養はもとより、ソシュール思想、フロイト思想などについての(おそらく)深い理解が要求されるが、発想すら困難な獣道のような数々の問いが立てられ、それについて精緻な議論、思索が積み重ねられるさまは圧巻の一言。著者の主張に腑に落ちない点はいくつかあるけれど、議論をきちんと理解した上で適切に反駁することが自分には困難なのがなかなか歯がゆい。

全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする