哲学の犯罪計画: ヘーゲル『精神現象学』を読む (叢書・ウニベルシタス)

  • 法政大学出版局
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588009938

作品紹介・あらすじ

この世界の起源にある不穏さ、あるいは歴史の転機の契機のなかにある不穏さを、哲学はつねに見いだし、果てはその不穏さを自ら組織し、拡大し、遂行する。ドゥルーズ論で著名な哲学者が、ヘーゲル哲学を存在と生成のドラマとして、犯罪、殺人という言葉を主題とする「犯罪計画」として変奏し、『精神現象学』の運動をダイナミックにドラマティックに描き出す。前代未聞のヘーゲル論の誕生。

ジャン=クレ・マルタンの作品

哲学の犯罪計画: ヘーゲル『精神現象学』を読む (叢書・ウニベルシタス)を本棚に登録しているひと

ツイートする