聖と俗 〈新装版〉: 宗教的なるものの本質について (叢書・ウニベルシタス)

  • 法政大学出版局
4.27
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588099762

作品紹介・あらすじ

聖なるものは遠い人類の神話時代に発し、古代社会における人類の生存全般にわたって顕現した宗教的価値であり、やがて歴史時代の進展と共に衰退し、近代の工業社会に至ってほとんどその影を没しようとしているものである。本書は、この聖なるものの現象形態全般とその中に生きる人間の状況とを叙述し、現代社会に代表される俗なる世界との対比により、宗教的人間のあり方を問い直す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 俗っぽい方が人間らしくて←また莫迦なコトを言っている。

    法政大学出版局のPR
    「聖なるものは遠い人類の神話時代に発し、古代社会における人類の生存全般にわたって顕現した宗教的価値であり、やがて歴史時代の進展と共に衰退し、近代の工業社会に至ってほとんどその影を没しようとしているものである。本書は、この聖なるものの現象形態全般とその中に生きる人間の状況とを叙述し、現代社会に代表される俗なる世界との対比により、宗教的人間のあり方を問い直す。」

  • やはり、西洋の—キリスト教の宗教理解を前提としている—学者だなと感じるところはあった。
    だけど、近代において軽視され、迷信なり無知蒙昧なものとしてしらぞけられがちな宗教理解ないし宗教体験に対して再考できた。
    あたかも古代の宗教理解や神話の儀礼的反復が根源的で真実を体現したものみたいに書かれているように感じられて、思わず頭を傾げてしまうところもあったが、それもまた本著が近代人としての観点を揺さぶるものだからなのかもしれない。

  • [ 内容 ]
    聖なるものは遠い人類の神話時代に発し、古代社会における人類の生存全般にわたって顕現した宗教的価値であり、やがて歴史時代の進展と共に衰退し、近代の工業社会に至ってほとんどその影を没しようとしているものである。
    本書は、この聖なるものの現象形態全般とその中に生きる人間の状況とを叙述し、現代社会に代表される俗なる世界との対比により、宗教的人間のあり方を問い直す。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1907年、ルーマニア、ブカレストに生まれる。1928年より3年間、インドに滞在し、ヨーガやタントラを学ぶ。帰国後は、ブカレスト大学で形而上学史などを教える一方で、小説『マイトレイ』を発表し、小説家としても高い評価を得る。第二次世界大戦中は、ロンドン、次いでリスボンでルーマニア公使館の文化担当官として勤務した。第二次世界大戦終結後はフランスに亡命。『宗教学概論』や『永遠回帰の神話』を発表することで、宗教学者として活躍した。1957年よりシカゴ大学に招聘され、翌年、宗教学教授に就任。1986年にシカゴで没。

「2015年 『エリアーデ=クリアーヌ往復書簡 1972-1986』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミルチャ・エリアーデの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×