交響する空間と場所 I: 開かれた都市空間

  • 法政大学出版局
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588672132

作品紹介・あらすじ

都市をめぐるナラティヴの変容を跡づけ、来たるべき都市社会学のありようを探る論集。第I巻は、グローバル化する世界において、歴史性やアイデンティティに依拠する「場所」を無化して現れたポストモダン的「空間」の諸相を多角的に論じ、資本への欲動と軌を一にする社会構造の所産としての「開かれた空間」が監視と排除の機制を基底とする「閉じられた空間」へと容易に転じうる危険性に警鐘を鳴らす(全2巻)。

著者プロフィール

1953年、福井県に生まれる。1978年、中央大学法学部卒業。1986年、中央大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。中央大学講師、金沢大学教育学部教授を経て、現在、関東学院大学文学部教授。共著に『重化学工業都市の構造分析』(東京大学出版会、1987年)、『都市空間の想像力』(勁草書房、1996年)、訳書に、M. カステル『都市・情報・グローバル経済』(青木書店、1999年)他がある。

「2012年 『場所を消費する 〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大澤善信の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×