グローバル化とは何か―文化・経済・政治 (The Open University)

制作 : デヴィッドヘルド 
  • 法律文化社
2.88
  • (0)
  • (2)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589025968

作品紹介・あらすじ

グローバル化現象の多面的・実証的分析と諸理論の批判的検討をふまえ、新たな理論的提起を試みる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了。

  • 学生時代、副専攻で履修した国際関係学の教科書として利用。強烈だった担当教授の人柄とともに内容を覚えている。
    ”グローバル化”と”地政学”の相関関係は、昨今頻繁に使われる「グローバル」という言葉に対して違った視点から切り込んでおり、国際関係を考える上では必読の作品だと思う。

  • 資料として大活躍!!笑

  • グローバル化に対する分析に主軸があるが、4章のマッグルーの「権力移動」はグローバル・ガバナンスを考える上で欠かせないと言える。テキスト的な本であり、学部生の初歩レベルでも使える本。グローバル・イシューを考える際にも読んでみては。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

立命館大学名誉教授 立命館大学人文科学研究所上席研究員


「2017年 『国家論序説』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中谷義和の作品

ツイートする
×