国際関係論―日常性で考える

著者 :
  • 法律文化社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589033154

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国家間の戦争ではパワーポリティックスの中の個kkあや帝国主義という国家レベル、政府、軍部、経済界、世論、ナショナリスト、反戦運動化というサブ国家レベルの行為者が人間累計として指定されている。
    軍事力を国内の内戦で考えてみると、内戦に関する議論は国際政治のパワーポリティックス論のように整理されていない。内戦は軍事力による社会的諸価値の強圧的分配という点では国家間の戦争と同じである。
    国際政治はパワーポリティクスの場である。このことは否定できない。だからこそ国際政治では、それ以外の道を切り開いていくことが重要になる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

初瀬 龍平(京都女子大学客員教授)

「2018年 『グローバル・ガバナンス学Ⅰ 理論・歴史・規範』 で使われていた紹介文から引用しています。」

初瀬龍平の作品

国際関係論―日常性で考えるを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする