子の利益のための面会交流: フランス訪問権論の視点から (佐賀大学経済学会叢書)

著者 :
  • 法律文化社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589033543

作品紹介・あらすじ

フランス法を比較の対象に、家族の絆と調和、子の利益の視点から検討。新たな家族関係を模索する。

著者プロフィール

栗林 佳代(佐賀大学経済学部准教授・御逝去)

「2019年 『ユーリカ民法5 親族・相続』 で使われていた紹介文から引用しています。」

栗林佳代の作品

子の利益のための面会交流: フランス訪問権論の視点から (佐賀大学経済学会叢書)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×