テキストブック法と国際社会

制作 : 徳川 信治  西村 智朗 
  • 法律文化社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589033710

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 329||To

  • 国際社会は欧州型の国家体制を世界に拡大する中で成立してきた。国家間関係を規律する国際法も国際社会の発展とともに、その適用範囲を世界的な規模に拡大し、内容面も著しい変化を遂げている。

    国家が平等であることは非常に重要である。
    空間秩序に関する国際法は伝統的国際法の時代から現代国際法の時代にかけて複雑化してきた。

    国際社会では戦争を防ぐためのクフがなされてきた。伝統的な考え方は19世紀以降の欧州でとられた勢力均衡(BOP)政策。第一次大戦後に新たに採用された戦争抑止の仕組みが集団安全保障。

全2件中 1 - 2件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×