現代社会思想の海図

制作 : 仲正 昌樹 
  • 法律文化社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589035912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自由民主主義+資本主義のの結合によって成立している「西欧近代」のダークサイドを直視する思想系譜を扱っているとの事。という点においては昨今流行の内容ではないかと思うのだが、このように体系的というか一般的な思想史の教科書では扱われないあまりメジャーとは言えない17人の思想家を取り上げているのは貴重でもある。
    最近は『資本論』がブームであるようだが、そこから発展・展開して他の思想家にも興味関心が広がる事によってムーブメントが起きれば、衰退しつつある思想史研究にも希望の光が見えてくるのではないのかと。

  • いただきもの。脱ヒューマニズムという視点から現代社会を批判した思想家を集めた社会思想史。種田佳紀さんがシンガーの思想を簡潔明快にまとめている。ただ、シンガーの国家を越えた援助義務の話を「ヒューマニズム」と形容するのはちょっと苦しいのではと思った(自国中心主義をアンチ・ヒューマニズムと形容するのが難しいという意味で)。他の章も読んでみよう。

  • 荒波に揉まれてみますか!

    法律文化社のPR
    「17人の批判的社会理論家を「脱ヒューマニズム」の共通項でむすび解説。西欧近代に対するラディカルな挑戦の書。」

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×