グローバル・ガバナンス学I 理論・歴史・規範 (グローバル・ガバナンス学叢書)

制作 : 大矢根 聡  菅 英輝  松井 康浩  グローバル・ガバナンス学会 
  • 法律文化社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589038807

作品紹介・あらすじ

国際秩序のあり方に着目し、見取り図を描く―
グローバル・ガバナンス学会5周年記念事業の一環として、研究潮流の最前線を示す。


[目次]

序章 グローバル・ガバナンス―国際秩序の「舵取り」の主体と方法〔大矢根 聡〕
■1 理論―グローバル・ガバナンス論の再検討
第1章 グローバル・ガバナンス論再考―国際制度論の視点から〔古城 佳子〕
第2章 国際秩序と権力 〔初瀬龍平〕
第3章 グローバル・ガバナンスと民主主義―方法論的国家主義を超えて〔田村 哲樹〕
第4章 グローバル・ガバナンスとしてのサミット―政策調整「慣行」の視角から〔大矢根 聡〕

■2 歴史―戦後国際関係史への視座
第5章 覇権システムとしての冷戦とグローバル・ガバナンスの変容〔菅 英輝〕
第6章 イギリス帝国からのコモンウェルスへの移行と戦後国際秩序〔山口 育人〕
第7章 「開発」規範のグローバルな普及とリージョナル・アプローチ―アジア開発銀行(ADB)創設を事例にして〔鄭 敬娥〕
第8章 戦争とグローバル・ガバナンス―戦争違法化は平和への進歩か?〔三牧 聖子〕

■3 規範―規範創出・転換をめぐる外交
第9章 貿易自由化ガバナンスにおける多角主義と地域主義―マルチエージェント・シミュレーションによる行動規 範の分析〔鈴木 一敏〕
第10章 ウクライナ危機とブダペスト覚書―国際規範からの逸脱をめぐる国際社会の対応〔東野 篤子〕
第11章 国連海洋法条約と日本外交―問われる海洋国家像〔都留 康子〕
第12章 日本による人間の安全保障概念の普及―国連における多国間外交〔栗栖 薫子〕

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F開架 319A/G95g/1/K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大矢根 聡(同志社大学法学部教授)

「2018年 『グローバル・ガバナンス学Ⅰ 理論・歴史・規範』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大矢根聡の作品

グローバル・ガバナンス学I 理論・歴史・規範 (グローバル・ガバナンス学叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする