憲法改正論の焦点: 平和・人権・家族を考える

著者 :
  • 法律文化社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589039293

作品紹介・あらすじ

近代立憲主義をくつがえす論議が性急に進む状況を批判的に考察。平和主義(9条)の放棄だけでなく、個人尊重(13条)の軽視、男女平等(24条)の形骸化など、憲法がないがしろにされている実態をみる。いまの憲法改正論を考えるにあたって、見逃されがちであり、しかし必須の視座を提供する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東2法経図・6F開架 323.14A/Ts44k//K

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東北大学名誉教授

「2020年 『フランス憲法史と立憲主義』 で使われていた紹介文から引用しています。」

辻村みよ子の作品

憲法改正論の焦点: 平和・人権・家族を考えるを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×