アニメ聖地巡礼の観光社会学: コンテンツツーリズムのメディア・コミュニケーション分析

著者 :
  • 法律文化社
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589039576

作品紹介・あらすじ

国内外で注目を集めるアニメ聖地巡礼の起源・実態・機能を分析。聖地巡礼研究の第一人者で『ゾンビ学』の著者が、アニメ作品、文献・新聞・雑誌記事、質問紙調査、インタビュー調査、SNSやウェブサイトのアクセス等の分析を組合せ、関連資料も加えて示す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    https://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB26843753

    本書は2020年8月11日(火)まで、「Maruzen eBook Library」にて電子ブックの試読も可能です!
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000075800
    (※ACSUにログインすることで、学外からも利用できます)

  • 観光学において聖地巡礼を説明した博士論文に手を加えたものという説明が最後の長いあとがきに書かれている。
     したがって、らき☆すたやけいおんについての詳細な質問はない。

  • 社会にとっての観光の意味
    なぜ、アニメ聖地巡礼を研究するのか
    情報社会の観光とメディア・コミュニケーション
    観光学におけるメディア・旅行者・相互作用
    現代的な観光現象を分析する複合的手法
    観光の社会的潮流と旅行者の情報化

  • 博士論文

  • 東2法経図・6F開架 689A/O42a//K

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

近畿大学 准教授

「2020年 『メディア・コンテンツ・スタディーズ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本健の作品

ツイートする
×