• Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589040077

作品紹介・あらすじ

法学部生向けの標準的テキストであり、かつ全学部生のワークルール入門にも対応。法制度の意義・要件・効果の正確な分析を前提に、重要判例の事実・判旨を明示的に取り上げ、理解を深める工夫をした。「働き方改革」など昨今の動向やこれからの課題にも言及。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 無料で読めたので読んでみた

    長くて読むの疲れた

    労働法の大枠やさまざまな判例を学べたのはよかったが、法律家特有のわかりにくい言い回しが満載で読みづらかった

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/520328

  • 東2法経図・6F開架:366.14A/Mo83r//K

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

本久 洋一(國學院大學法学部教授)

「2019年 『労働契約論の再構成』 で使われていた紹介文から引用しています。」

本久洋一の作品

労働法の基本を本棚に登録しているひと

ツイートする