メアリー・ポピンズは東風にのって―紅茶の英国 英国の紅茶 ことばからみる英国文化論

著者 :
  • 北星堂書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784590012025

作品紹介・あらすじ

本書は、日本ルイス・キャロル協会会長でもある著者が、ロンドンにまみれ、興味の尽きない街で考えた珠玉のエッセイ。

著者プロフィール

筑波大学名誉教授。日本ルイス・キャロル協会会長。英語語法文法学会名誉顧問。専門は英語学・言語文化。著書に『音声学』(開拓社、1992 年)、『動詞』(研究社、共著、1994 年)、『ことばから文化へ』(開拓社、2010 年)、『ルイス・キャロル ハンドブック』(七つ森書館、編者、2013 年)、訳書に『地下の国のアリス』『 鏡の国のアリス』(共に新書館、2005年)、『子ども部屋のアリス』(七つ森書館、2015 年)などがある。

「2017年 『対訳・注解 不思議の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安井泉の作品

メアリー・ポピンズは東風にのって―紅茶の英国 英国の紅茶 ことばからみる英国文化論を本棚に登録しているひと

ツイートする
×