最後の詩

  • 北星堂書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784590012476

作品紹介・あらすじ

文学的な才能に恵まれたオックスフォード大学出身の法廷弁護士オミトと、教育一筋の父に育てられ、コルカタ(カルカッタ)大学大学院を首席で修了した才媛ラボンノ-。1920年代後半、インド北東部の丘陵避暑地を舞台とした、エリート男女の恋愛と錯綜する人間模様を、洗練された文体、知的な会話、数々の魅力的な詩で存分に綴った、アジア初のノーベル文学賞作家ラビンドラナート・タゴール晩年を代表する異色の長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 訳者が私の先生なので購入。

全2件中 1 - 2件を表示

ラビンドラナート・タゴールの作品

最後の詩を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする
×