ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

制作 : 上野 紀子 
  • ポプラ社
3.86
  • (198)
  • (149)
  • (255)
  • (10)
  • (4)
本棚登録 : 1481
レビュー : 204
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591004654

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小さい絵本版もあるようですが、ねずみくんの小ささを強調するにもこの昔ながらのサイズが一番。

  • 昔からある人気絵本ですが、実は読んだことなかった。娘は大ヒット。何度も何度もよんでもらって、最後は自分で音読してました。多分表情が面白いんだと思います。名著と言われる絵本は、やはり子どもの心を掴むんだなあ。
    図書館でなかなか借りれずついに購入して蔵書に格上げ。

  • ねずみくんシリーズ 第1作 。読み聞かせにも楽しい。

  • 前にこのシリーズを図書館で借りて楽しそうやったので
    別のやつを購入。
    この本のおかげ?でチョッキ!と言えるようになった。
    意味がわかっているかはナゾ。

    1歳5ヶ月

  • おかあさんが編んでくれたねずみくんのチョッキがどうしてこんなに伸びてしまったのか・・・・・・。
    色々な動物が登場するほっこりストーリー。

  • どんどん取り返しがつかなくなって
    ああぁ〜(´Д`;)ってなっていぐが、
    最後の最後でめでたしめでたし。

    とってもハラハラ、
    可愛い本。

  • 同じセリフが繰り返されるシンプルな構成が子どもにも分かりやすいようで、2歳8ヶ月の娘も「これ読んで!」とよく持ってきます。ラストがポジティブなのもクスッとさせられます。

  • お母さんが編んでくれたねずみくんの赤いチョッキ。
    うらやましがった動物達が次々と「ちょっときせてよ」
    ねずみくんにぴったりだったチョッキですが、どんどん伸びて・・・

    ゾウが着たチョッキは最後にブランコになったんですね(笑)
    絵の色数が少ないのでチョッキの赤がパッと目に飛び込んできます。
    シンプルな繰り返しが楽しい絵本。

  • お母さんが編んでくれた赤い素敵なチョッキ。
    そこへあひるがやってきて『いいチョッキだね。ちょっと着させて。すこしきついが似合うかな?』
    そのあとも次々と、さる、あしか、ライオン、うま、ぞうがねずみくんのチョッキを着るものだから、どんどんのびてぶかぶかに。
    すこしきついが似合うかな?というときの顔が、それぞれみんなおもしろくてかわいくていい。チョッキがだらんとのびてしまったのを見ておどろくねずみくんの顔も然り。愛らしい絵が素敵な一冊。
    最後にゾウの鼻にのびきったチョッキをかけてブランコにしている姿もほほえましい。3歳から

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「愛らしい絵が素敵な一冊」
      「てぶくろ」のヴァリアントと言えますよね、これらの本は、読んでる子ども達の表情を見るのが、とっても楽しいです。
      「愛らしい絵が素敵な一冊」
      「てぶくろ」のヴァリアントと言えますよね、これらの本は、読んでる子ども達の表情を見るのが、とっても楽しいです。
      2012/12/27
  • 一時、RRがたくさんよんでよんで~といってました。
    私は苦手な本かも(笑)みんな勝手にまたがししちゃんですもの。
    あと、本のインクのにおいがきつくて。

全204件中 1 - 10件を表示

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)のその他の作品

なかえよしをの作品

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)を本棚に登録しているひと

ツイートする