あやうしズッコケ探険隊 (ポプラ社文庫 A 155)

著者 :
  • ポプラ社
3.78
  • (12)
  • (10)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 178
感想 : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591010235

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ズッコケ三人組のシリーズは初期の十数冊だけ読んだが、本書はその中でも特に好きな巻。
    小型モーターボートで海に出たらガス欠で漂流し、絶海の孤島に流されてしまい小学生三人によるサバイバル生活が始まる。

     水を差す事を言うと潮流程度では「絶海」という所まで漂流することはないのだが、子供の頃はそんな事を知る由もなかったのでドキドキしながら読んでいた。
    途中に出てくる島の地図が若干ネタバレ要素を含みながらもワクワク感満点だし、天測で緯度と経度を計るシーンにも興奮した。(実際には失敗しているのだが)
    何より小学六年生の身の丈に合ったサバイバルという感じの描写が善い。
    キャンプ道具以上の装備を持たずに住居を築いたり食糧を確保したりしている様子が「自分でもできそう」と錯覚させ、自分自身も実際にサバイバル体験をしている気すらしてくるのだ。

    余談だが本書でユリの根っ子を食える事を知って以来いつか食いたいと思っていたのだが、30年近く経ってからようやく実現した。
    でもハチノコは今でも食べたくない。

  • [墨田区図書館]

    ズッコケ三人組の第4巻。
    とりあえずこのシリーズについては、私は気が向いたら読むぐらいにしておこう。王様シリーズやゾロリシリーズ同様、もうシリーズのカラーは確立されているし、内容的にはどうとでも。

  • ライオンにおそわれるところがどきどきした
    ハカセがトイレとか小屋をつくったのがびっくりした

  • 三人組が無人島に漂流します。

    島で調達してくる食材が美味しそうなんです!
    百合の根って、クワイみたいにシャリシャリしてるんですって!
    食べてみたいなぁ。

  • 現実離れと現実味が強く共鳴するやるせないこの感じはシリーズを一貫するか!? 僕らの期待を僕らの望むままに裏切るくすぐったい大冒険のこれまたひとつ。

  • 古本で購入
    4巻

  • 小学生のころ何度読んだかわかんねー。


    最近図書館に行っても子供コーナーに行ってまでも読んでしまいたい衝動に駆られる罠。

  • コレは怖い><

    はらはらドキドキ

  • 子供の頃よく読んだ本といえば、この「ズッコケ」シリーズ。
    シリーズの中でも一番のお気に入りがこの「探検隊」だった。百合根を食料にしたり、自分たちでトイレを作ったりと、漂流しても逞しい姿にわくわくして、一時期「漂流」に憧れたことが懐かしい。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

那須正幹(なすまさもと):広島県生まれ。児童書の大ベストセラー「ズッコケ三人組」シリーズ全50巻(日本児童文学者協会賞特別賞・ポプラ社)をはじめ、200冊以上の本を執筆。主な作品に『絵で読む 広島の原爆』(産経児童出版文化賞・福音館書店)『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』(野間児童文芸賞・ポプラ社)など。JXTG児童文化賞、巖谷小波文芸賞など受賞多数。

「2021年 『めいたんていサムくんと なぞの地図』 で使われていた紹介文から引用しています。」

那須正幹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×