カレーライスはこわいぞ (ポプラ社の小さな童話 13 角野栄子の小さなおばけシリーズ)

著者 :
制作 : 佐々木 洋子 
  • ポプラ社
4.04
  • (23)
  • (11)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 233
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591010730

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館

  • からいカレーは、たべるとほんとうにこわくなっちゃうかな。おいしくないかな。たべてみたいです。

  • かわいい

  • おかあさんの大人カレーよりずっとからそうだぞー
    食べたらきぜつしちゃいそう

  • こわいおばけになるためにカレーライスを食べるアッチの様子がかわいらしいです。

  • 双子のいたずらネズミを懲らしめる為、辛いカレーを食べてどんどん顔が恐くなっていくところ、子供の頃はわくわくして読んでた。

    お互いに恐い顔になっていたからビックリしてふさぎこんで、反省してさびしくなる。 子供の頃友だちとケンカしたあとの気持ちとよく似てるなぁ。
    最後は仲直りしてほっこりした気持ちになれる。

    子供に読み聞かせたら「ぺしゃんこのぺしゃ」という表現に受けてた。語呂が楽しい♪

    最近ドララちゃんって吸血鬼の女の子が出てくる話を読んだ。ドララちゃん絵が可愛いけど、やっぱり初期のこの話や「スパゲッティがたべたいよう」の方が心に響いてきて好きだ。

  • 3歳1ヵ月
    幼児でも、毎ページ絵があるうえ
    文のリズムもストーリーも魅力的なので
    とても喜んでお話を最後まで聞いていました。

    読みながら母もおばけのアッチの可愛さに胸キュン。

  • 20141213再読

  • 2014/10/15 読了 5歳10ヶ月

  • おたがいさま。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角野 栄子(かどの えいこ、本名 渡辺栄子)
1935年生まれ。早稲田大学教育学部英語英文学科卒業後、紀伊國屋書店出版部に勤務し、結婚して退職。1960年、25歳の時に自費移民としてブラジルに2年間滞在。早大時代の恩師、アメリカ文学研究者龍口直太郎の勧めによって、ブラジル体験をもとに描いたノンフィクション『ルイジンニョ少年、ブラジルをたずねて』で作家デビュー。それから7年かけて、絵本・童話の創作も始めた。
産経児童出版文化賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞、巌谷小波文芸賞、東燃ゼネラル児童文学賞、IBBYオナーリスト文学賞など多数の受賞歴がある。紫綬褒章、旭日小綬章を受章。
2018年、「児童文学のノーベル賞」「小さなノーベル賞」と評される国際アンデルセン賞作家賞を受賞。代表作の『魔女の宅急便』シリーズ、『トンネルの森1945』が受賞声明で言及されていた。

角野栄子の作品

カレーライスはこわいぞ (ポプラ社の小さな童話 13 角野栄子の小さなおばけシリーズ)に関連する談話室の質問

ツイートする