君たちはどう生きるか―波涛を越えて (吉野源三郎全集 1 ジュニア版)

著者 : 吉野源三郎
  • ポプラ社 (1985年1月発売)
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591013410

君たちはどう生きるか―波涛を越えて (吉野源三郎全集 1 ジュニア版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • コペル君の野球中継芸にも注目。中1とは思えない達者ぶり。

  • 道徳の本みたい。
    北見君リンチ事件のところ、小学校か中学の時国語のテストで載ってた気がする・・・

    でも子供の時と今とは当たり前だが受け取る感覚が違う。
    大人が子供のために書いた教育的意図も感じられるけど、深い。
    ナポレオンやリンゴと引力、仏像の由来はギリシャとか、理科や社会が生活と密着していることがわかる。

    おじさんが貧乏な人(ここでは浦川君)について書いているノートの部分なんて、まるでマルクスの資本論を読んでいる錯覚になった。読んだことないけど。
    ex.生産関係、消費、人間の共同体・国
    自分の労力のほかに何一つ生計を立てていくもとでを持っていない。病気やけがをすればおわり。今の世の中ではからだを壊したら一番困る人たちが、一番体を壊しやすい境遇に生きている。→今も一緒!

全2件中 1 - 2件を表示

吉野源三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

君たちはどう生きるか―波涛を越えて (吉野源三郎全集 1 ジュニア版)はこんな本です

ツイートする