かちかちやま (世界名作ファンタジー14)

著者 :
  • ポプラ社
3.82
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (44ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591021613

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 言葉が少し難しいのかあまり取っつきにくい様…まだ早かったかな(^_^;)

  • 858
    4y8m
    借りるほどではないが、もう一回読んで欲しかったくらいは好き

    じ。230
    2y1m

  • おばあさんは死なない。

    たぬきは溺れて懲らしめられ、その後は心を入れ替えておじいさんやおばあさんに優しくする。

    優し話に置き換えられている。

  • おとなのえほん
    http://ehon.hatenablog.com/entry/katikati

    この昔話の原型はもっと残酷で、タヌキがお婆さんを
    杵でなぐってころしてしまって、鍋で煮込んでしまう。
    さすがにそれは惨すぎるということで、現代版のかちかちやまでは
    ケガをさせたというマイルドな表現に留めているけれど、
    その一方、ウサギの行為はそれほど修正していないので
    「タヌキの罪に対して、ウサギ...やりすぎでは?」
    という正義に妙な違和感を感じてしまう。

  • うさぎがたぬきにむかっていしおなげるころが面白かったです。

全6件中 1 - 6件を表示

平田昭吾の作品

ツイートする